石井忠清

日本の戦国時代の武将

石井 忠清(いしい ただきよ)は、戦国時代武将九州千葉氏および龍造寺氏の重臣。石井駿河守忠義の嫡男。肥前国佐嘉郡飯盛城主。

 
石井 忠清
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 天文22年(1553年
戒名 法泉院殿浄鑑日清大居士
墓所 佐賀県佐賀市 常照院
官位 和泉(受領名)
主君 千葉興常龍造寺康家家兼隆信
氏族 肥前石井氏藤原氏
父母 父:石井忠義、母:金持保広の娘
兄弟 忠清忠繁義昌忠本兼清
正室:飯盛肥前守の娘
継室:龍造寺家純の娘
常延忠家忠信、垂井某室、山田治部少輔室、伊東家秀
テンプレートを表示

来歴編集

当初、父駿河守忠義と共に、肥前国小城郡千葉氏の戚臣であったが、佐嘉郡を根拠とした有力国衆龍造寺氏の台頭に伴って、盟友鍋島氏と共にこれを支持した。

享禄3年(1530年)の田手畷の戦いでは、鍋島清久清房父子と共に、赤熊の面を被った奇襲隊を指揮して、龍造寺家兼隊の危機を救い、その勝利に貢献する。これを契機に、龍造寺家純の四女を継室に迎え、鍋島氏と共に龍造寺氏の重臣に列せられることになった。

龍造寺家兼および隆信が、国衆や家臣の叛乱により、佐賀城を追われて、筑後国に亡命した際にも、鍋島氏と共に、龍造寺氏の再興を図って挙兵するなど、龍造寺氏興隆期の功臣として重きをなした。

実弟石見守忠繁三河守義昌駿河守忠本尾張守兼清(忠房)と共に「石井党」という同族武士団を形成し、一門隆盛の礎を築いた。

なお、孫に陽泰院彦鶴姫(嫡男・兵部少輔常延の次女)がおり、佐賀藩祖・鍋島直茂の正室に迎えられ、初代藩主・鍋島勝茂の生母となる。

なお、同じ諱の石井蔵人忠清は、和泉守忠清の実弟・駿河守忠本(石井四男家)の子である。

系譜編集

石井嫡男家(嫡家)系譜
石井和泉守忠清ー②兵部少輔常延ー③刑部少輔常忠ー④大膳亮信易ー⑤三右衛門尉忠易(養子)ー⑥五左衛門常諦ー⑦藤左衛門常任ー⑧藤左衛門常通ー⑨藤左衛門常利(養子)ー⑩藤左衛門常庸ー⑪藤左衛門常賢ー⑫敬助常香ー⑬三右衛門忠紹(養子)ー⑭栄之進忠明ー⑮文右衛門常暢(養子)ー⑯昌吉郎常超ー⑰亀彦