メインメニューを開く

石井 照久(いしい てるひさ、1906年明治39年)11月23日 - 1973年昭和48年)7月16日 )は、佐賀県出身の日本法学者東京大学名誉教授成蹊大学長、中央労働委員会委員長(第6代)。法学博士東京大学、1962年)(学位論文「労働法総論」)。専門は商法労働法。戦後の民事法学の基礎を築いた法学者で、現代民事法学の学祖と呼ばれる。

石井 照久
人物情報
生誕 (1906-11-23) 1906年11月23日
日本の旗 日本 佐賀県小城市
石井家佐賀藩の重臣の家柄
死没 (1973-07-16) 1973年7月16日(66歳没)
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京府立第一中学校
第一高等学校
東京帝国大学法学部
学問
時代 20世紀
活動地域 日本の旗 日本
研究分野 商法
労働法
研究機関 東京大学
学位 法学博士東京大学、1962年)(学位論文「労働法総論」)
称号 東京大学名誉教授
特筆すべき概念 現代民事法学の学祖
主な業績海商法
商法総則
労働法総論』
会社法
影響を
受けた人物
田中耕太郎
影響を
与えた人物
鴻常夫
保原喜志夫
花見忠
主な受賞歴 藍綬褒章
従三位勲一等瑞宝章
テンプレートを表示

来歴編集

人物編集

佐賀県小城市出身。生家の石井家佐賀藩の重臣の家柄で、初代藩主鍋島勝茂の従兄石井忠明石井賢次の長男)の次男忠正小城藩士)の子孫とされる。父は台湾総督府法務部長をつとめた石井為吉。兄に石井悟一陸軍中佐がいる。

戦後はGHQの占領行政下の法制審議会商法部会委員として、アメリカ会社法の制度を大幅に導入した商法改正を主導した。司法試験考査委員や第6代中央労働委員会委員長、人事院参与等を歴任した。

著書に『海商法』『商法総則』『労働法総論』『海商法』『会社法』などある。商法主要分野を網羅した体系書である「商法Ⅰ~Ⅶ」(勁草書房)の一部は石井の死後、弟子の鴻常夫により補訂されている。

ノンフィクション作家で、拓殖大学客員教授の関岡英之は外孫にあたる。なお、門下生には、商法では鴻常夫らが、労働法では保原喜志夫花見忠らがいる。

著書編集

  • 海商法 第1分冊 文精社 1936
  • 商法第二部 1 (保険法)文精社 1937
  • 海商法概論 岩波書店 1938
  • 海運統制法論 岩波書店 1944
  • 商法 勁草書房,1948-50
  • 商法講義 商法総論 有斐閣,1948.
  • 労働権 中央労働学園,1948.
  • 企業形態論 有斐閣,1949.
  • 社債法 勁草書房,1949.
  • 商法概論 勁草書房,1950.
  • 労働法 勁草書房,1952.
  • 労働法講話 有信堂,1954.
  • 商法総則 弘文堂,1955.4.
  • 概説商法 勁草書房,1956.
  • 商法教材 勁草書房,1956.
  • 普通契約条款 勁草書房,1957.
  • 労働基本権 有信堂,1957.
  • 労働法総論 有斐閣,1957
  • 株主総会の研究 有斐閣,1958.
  • 商法における基本問題 勁草書房,1960.
  • 労働協約と就業規則 弘文堂,1960.
  • 労働法概論 勁草書房,1960.
  • 例解商法 白桃書房,1963.
  • 労働組合の組織と機能 文久書林,1963.
  • 海商法 有斐閣,1964.法律学全集
  • 労働法の研究 第1-3 有信堂,1967-70
  • 商行為法・海商法・保険法 勁草書房,1971.
  • 要説労働法 弘文堂,1971.法律学入門双書
  • 商法論集 勁草書房,1974

石井の死後、鴻常夫により補訂された著書編集

  • 商法総則(商法Ⅰ) 勁草書房,1975
  • 会社法 第1巻 (商法Ⅱ-1) 勁草書房,1977
  • 手形・小切手(商法Ⅳ) 勁草書房,1975
  • 商行為法(商法Ⅴ-1、Ⅴ-2) 勁草書房,1975

共編著編集

  • 中華民国海商法 鈴木竹雄共著.中華民国法制研究会,1936-38
  • 新らしい株式会社の定款 矢沢惇共著.有斐閣,1950.
  • 改正株式会社法解説 鈴木竹雄共著.日本評論社,1950.
  • 新らしい株式会社法の実施 矢沢惇共著.有斐閣,1951.
  • 新会社法の問題点 大住達雄対談.勁草書房,1951.
  • 商法会社編学説判例総覧 鈴木竹雄,高窪喜八郎共編.中央大学出版部,1953.
  • 註解株式会社法. 第1巻 (設立)勁草書房,1953.
  • 株式 三戸岡道夫共著.青林書院,1954. 実務法律講座
  • 経営と会社法 吉田昂,大住達雄共著.白桃書房,1954
  • 労働協約 吾妻光俊共編著.勁草書房,1954.
  • 例解商法精義 第1 大住達雄共著.白桃書房,1957.
  • 労働法 萩沢清彦共著.青林書院,1958.
  • 手形・小切手法 約束手形を中心として 高橋勝好共著.青林書院, 1959.
  • 会社法 鈴木竹雄共編.青林書院,1961.
  • 商法総則・商行為法 鈴木竹雄共編.青林書院,1961.
  • 手形法・小切手法 鈴木竹雄共編.青林書院,1961.
  • 保険法・海商法 鈴木竹雄共編.青林書院,1961.
  • 労働法演習 有泉亨共編.有斐閣,1961.
  • 労働法大系 第1-5 有泉亨共編 有斐閣、1963
  • ケースブック労働法 有信堂,1964.
  • 例解商法 第1 (商法総則・商行為法)白桃書房,1964.
  • 労働法判例命令要旨集 第一法規出版,1964.
  • 手形法小切手法判例要旨集 第一法規出版,1966.
  • 経営法学全集 全20巻 有泉亨,金沢良雄共編.ダイヤモンド社,1967-69
  • 現行会社六法 第一法規出版 1967-
  • 会社法律大事典 第一法規出版,1968 2版.
  • 学習小六法. 昭和43,44年版 第一法規出版,1967-68.
  • 就業規則の実証的研究 日本労働協会,1968.
  • 職場の労働法 第1-2 有泉亨共編.日本生産性本部,1968.
  • 労働法 萩沢清彦,花見忠共編.有信堂・高文社,1968.
  • 労働法判例要旨集 萩沢清彦共編著.第一法規出版,1969.
  • 会社法判例要旨集 第一法規出版,1973.

追悼文集編集

  • 商事法の諸問題 石井照久先生追悼論文集 編集代表 鴻常夫.有斐閣,1974.
  • 労働法の諸問題 石井照久先生追悼論集 東京大学労働法研究会編 勁草書房,1974.