石名坂館(いしなざかだて)は青森県黒石市石名坂字舘にあった日本の城山城)。

logo
石名坂館
青森県
城跡とされる石名坂の稲荷神社
城跡とされる石名坂の稲荷神社
城郭構造 単郭式平城
天守構造 なし
築城主 佐藤基春
築城年 不明
主な改修者 不明
主な城主 石名坂氏
廃城年 不明
遺構 曲輪
指定文化財 未指定
再建造物 なし
位置
地図
石名坂館の位置(青森県内)
石名坂館
石名坂館

概要編集

主郭のみの単郭、もしくは主郭・外郭からなる館であったと思われる。主郭は250メートル×150メートルの方形状で、縄文時代遺跡でもあり、現在は宅地となっている。南は浅瀬石川、北側は豊岡川を天然の堀とした、比高30メートルほどの所にある。

歴史編集

文治5年(1189年)6月、奥州藤原氏家臣佐藤基春[1]が主家の滅亡に伴い、当地に逃れ、かつての所領[2]から「石名坂」と名付けたという。

戦国時代には、石名坂氏[3]として、浅瀬石城主千徳氏に仕えている。南北朝時代に、千徳政晴の息子久清が石名坂左近の養子となっているので、その頃からすでに配下であったとも考えられる。天正13年(1585年)、宇杭野合戦で館主近江守正長が討ち死にし、その後廃城となったものと思われる。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 現地の1953年(昭和28年)建立の石碑「石名坂稲荷神社沿革」には佐藤庄司基治とあり、『浅瀬石川郷土誌』には佐藤元春とある。また『黒石市史-通史編Ⅰ-』(p.6)には、「石名坂の旧家、佐藤家の伝承によると、佐藤氏は義経の忠臣佐藤兄弟の流れを汲むといい、鎮守の稲荷宮は平泉七社の一つであったという。」とある。
  2. ^ 現地の石碑「石名坂稲荷神社沿革」には岩手県西磐井郡弥栄村字石名坂(現一関市)とある。また、石原洋三郎による 石那坂 (現福島市)とする説などもある(石原 2017)。尚、石那坂について、石原洋三郎は、信夫佐藤氏の本拠地であった福島市飯坂を比定している。
  3. ^ 『角川日本地名大辞典 2 青森県』「石名坂」(p.119)に、「『浅瀬石川郷土誌』では、奥州藤原氏旧臣佐藤元春の孫が石名坂氏を名のったとする。」とある。

参考文献編集

関連項目編集