メインメニューを開く

石坂 団十郎(いしざか だんじゅうろう、1979年 - )はドイツボン生まれの日系ドイツ人チェロ奏者。特にビブラートを抑えたピリオド奏法を得意としている。

石坂 団十郎
生誕 1979年????
出身地 ドイツの旗 ドイツ ボン
ジャンル クラシック音楽
職業 チェリスト
担当楽器 チェロ
公式サイト 公式ウエブサイト

目次

略歴編集

父親が日本人で母親がドイツ人のハーフ。ピアノ教師であった母親の影響もあって4歳でピアノを習い始める。チェロも5歳になるまでに始めた。1993年から1998年にかけて、ケルンハンス・クリスチャン・シュヴァイカーに師事。1997年、アメリカインディアナ大学に招聘留学。その後、ベルリンハンス・アイスラー音楽大学ボリス・ペルガメンシコフの指導を受ける。2004年に日本デビューを飾って以降は、NHK交響楽団をはじめ数々の日本のオーケストラと競演している。2010年から、庄司紗矢香佐藤俊介磯村和英小菅優らと新ダヴィッド同盟を結成し演奏会を開いている[1]。2011年、ドレスデン音楽大学英語版ドイツ語版教授就任[2][3]

受章歴編集

演奏楽器編集

演奏楽器は、クローンベルク・アカデミーから貸与されている、ボリス・ペルガメンシコフが演奏に使っていた1997年製チェロ(ヴォルフガンク・シュナーベル作)。また、日本音楽財団から貸与された1696年製チェロ、ロード・アイレスフォード(アントニオ・ストラディバリ作)も使用している。

外部リンク編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 新ダヴィッド同盟 - 水戸芸術館
  2. ^ 石坂団十郎(チェロ) - トッパン・ホール
  3. ^ Prof. Danjulo Ishizaka - Hochschule für Musik Carl Maria von Weber