メインメニューを開く

石岡 実(いしおか みのる 1910年1月6日 - 1996年11月23日)は、日本内務警察官僚

来歴編集

東京府立四中一高を経て、1935年、東京帝国大学法学部法律学科卒業。同年、内務省入省。警視庁警部補を振り出しに、一年間、陸軍に召集された。内閣興亜院政務部第2課、警視庁特別高等警察第二課長などを経て、戦後に一旦辞職。民間の商社で代表取締役に付いていたものの、1955年に警察庁刑事部警察参事官として復帰。群馬県警察本部長、福島県警察本部長、警視庁公安部長、九州管区警察局長などを歴任。1962年に古屋亨のあとを受けて2代目内閣官房内閣調査室長に。のち、1964年~1970年まで内閣官房副長官(事務担当)就任。以後、1976年まで日本鉄道建設公団副総裁。1981年、勲二等旭日重光章を受章。