メインメニューを開く

石川 宗恒(いしかわ むねつね)は、江戸時代伊達氏家臣。仙台藩の家格は一門筆頭。角田石川家第5代当主。

 
石川 宗恒
時代 江戸時代
生誕 万治2年11月28日1660年1月10日[1]
死没 元禄9年4月13日1696年5月13日
別名 右衛門、中務、大和
墓所 長泉寺宮城県角田市
主君 伊達綱村
仙台藩
氏族 角田石川家
父母 父:伊達宗敏、母:千代鶴(石川宗敬の娘)
養父:石川宗弘
兄弟 伊達敏親伊達実氏、敏重、宗恒
鶴松(伊達宗元室)、嶺松(津田景康室)、
美喜(後藤節康室)
正室:玉千代姫(石川宗弘の娘)
養子:村弘
テンプレートを表示

生涯編集

万治2年(1659年)、岩出山伊達氏第2代当主・伊達宗敏の六男として生まれる。幼名は右衛門

貞享元年(1684年)、母(千代鶴姫)の弟角田石川家第4代当主・石川宗弘の養子となる。貞享2年(1685年)、前藩主伊達綱宗偏諱を受け、通称を中務、諱を宗恒と名乗る。その後、通称を大和と改めた。元禄元年(1688年)8月、養父宗弘の娘玉千代姫と結婚。元禄2年(1689年)8月、玉千代姫が死去。元禄3年(1690年伊達敏親の養子となっていた、宗弘の末子、松之助(村弘)を呼び戻し養嗣子にする。元禄4年(1691年)1月、養父宗弘の死去により家督相続し、角田邑主となる。

元禄6年(1693年)専制政治を行う藩主伊達綱村に対する一門の不満が高まり、一門七家8名(石川宗恒、伊達宗氏伊達宗元伊達村隆伊達宗親白川宗広三沢宗直伊達村元)によって諫言書を提出した。この君臣の対立は、元禄16年(1703年)の綱村隠居へと繋がった。

元禄9年(1696年)4月13日死去。享年38。家督は養子の村弘が相続した。

脚注編集

  1. ^ 『石川郡誌』(福島県石川郡役所、1923年)36頁

参考文献編集

  • 『源流無尽』
  • 『角田市史』
先代:
石川宗弘
角田石川家
第5代
次代:
石川村弘