石川 湧(いしかわ ゆう、1906年11月10日 - 1976年10月31日)は、フランス文学者、翻訳家。東京学芸大学名誉教授。

栃木県生まれ。本名・わくみ。1927年東京外国語学校フランス語科卒業。はじめ唯物論マルクス主義関係の文献、フランス文学を訳す。戦後、東京学芸大学教授を務め、モーリス・ルブランジュール・ヴェルヌなどの翻訳で知られた。翻訳家の石川布美は娘。

著書編集

  • 唯物弁証法とは何か(編)人文書房 1931
  • フランス唯物論 三笠書房 1937(唯物論全書)
  • 石川湧文集 石川湧文集刊行委員会 緑林社 1984.12

翻訳編集

外部リンク編集