メインメニューを開く

石川県道107号新保矢田野線

日本の石川県の道路

石川県道107号新保矢田野線(いしかわけんどう107ごう しんぼやたのせん)は、石川県加賀市小松市を結ぶ一般県道石川県道)である。

一般県道石川県道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 0.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
石川県道107号標識
石川県道107号
新保矢田野線
路線延長 6.062km
陸上区間 6.062km
制定年 1977年昭和52年)
起点 新保町南交差点
石川県加賀市新保町)
主な
経由都市
加賀市、小松市
終点 南部中学校前交差点
(小松市矢田野町)
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0305.svg国道305号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

目次

概要編集

加賀市の北端と小松市南西部とを結ぶ。小松市額見町地内では、南加賀道路の本線ルートの一部として機能している。

現況編集

全区間、概ね両側2車線(片側1車線)の幅員があるものの、小松市額見町の石川県道145号串加賀線交点から同市額見町の小松市立和光学園前までの区間、および小松市蓑輪町から終点にかけては、両側1.5車線程度に幅員が減少している。

歩道も随所に設置されている。起点から加賀市柴山町の柴山潟幹線大排水路に接する区間(加賀市新保町地内は車道の両側、それ以外は車道の片側に設置)と、小松市額見町の額見町交差点から同町の石川県道145号串加賀線交点(車道の片側に設置)、同市額見町の小松市立和光学園周辺(車道の両側に設置)、および小松市四丁町の四丁町交差点からコマツ教習所粟津センタ前の区間(車道の両側に設置)にそれぞれ設置されている。

歴史編集

通過する自治体編集

接続道路編集

重複区間編集

  • 石川県道145号串加賀線[新道](小松市額見町地内)

沿線施設編集

参考文献編集

  • 『道路現況調書』 石川県土木部道路整備課、2010年
  • 『道路現況調書』 石川県土木部道路整備課、2009年

関連項目編集