メインメニューを開く

石川県道・富山県道206号津幡宮島峡公園線

日本の石川県と富山県の道路

石川県道・富山県道206号津幡宮島峡公園線(いしかわけんどう・とやまけんどう206ごう つばたみやじまきょうこうえんせん)は、石川県河北郡津幡町富山県小矢部市を結ぶ一般県道石川県道富山県道)である。

一般県道石川県道富山県道
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 0.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
石川県道206号標識
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 0.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
富山県道206号標識
石川県道206号・富山県道206号
津幡宮島公園線
路線延長 6.367km(実延長総計)
陸上区間 4.058km(石川県内区間)
2.309km(富山県内区間)
制定年 1995年平成7年)
起点 石川県河北郡津幡町牛首
主な
経由都市
石川県河北郡津幡町
富山県小矢部市
終点 富山県小矢部市森屋
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

路線概要編集

起点は石川県河北郡津幡町北部の山間部にある牛首。木ノ窪川に沿って北東から東に進み、富山県に入る。富山県内では、概ね南に進み、子撫川ダム北西部の交差点で終点に至る。

歴史編集

接続路線編集

冬期閉鎖区間編集

  • 石川県河北郡津幡町牛首(木ノ窪) - 県境 - 富山県小矢部市森屋 5.1km
    • 概ね12月中旬から翌年3月中旬まで閉鎖される。石川県側は木ノ窪にある、当県道と接する集落末端の民家の先からが実質的な冬期閉鎖区間となる。常設のゲートはなく、閉鎖期間中に通行止めの道路標識がついたトラ板つきのバリケードが設置される。なお、起点で接続する石川県道74号小矢部津幡線も冬期閉鎖されるため、津幡町上河合の国道471号との交点から数100m入った同県道内には「行き止まり」を標す案内板が立てられている。
    • 富山県側は全区間閉鎖される。こちらにも常設のゲートは設けられていない。

通過する自治体編集

周辺施設編集

参考文献編集

  • 『道路現況調書』 石川県土木部道路整備課、2010年
  • 『道路現況調査資料』 富山県、2010年
  • 『道路現況調査資料』 富山県、2009年

関連項目編集