メインメニューを開く

石油タンカー・サーンチーの衝突事故

石油タンカー・サーンチーの衝突事故(せきゆタンカー・サーンチーのしょうとつじこ)は、2018年1月6日に東シナ海上海沖で発生した海上事故[1]ペルシア湾から韓国へ向かうパナマ船籍石油タンカー(サンチ号)と香港船籍の貨物船(CFクリスタル号)が長江河口沖300km地点で衝突。衝突後に炎上した石油タンカーは、その後約一週間にわたり油を流出させながら南東方向へ炎上漂流を続けた後、沖縄の北東300km地点で沈没した。上海沖タンカー追突事故または東シナ海タンカー追突事故とも通称される。

石油タンカー・サーンチーの衝突事故
石油タンカー・サーンチーの衝突事故の位置(南西諸島内)
衝突地点
衝突地点
上海
上海
沈没地点
沈没地点
沖縄
沖縄
東シナ海における、衝突地点と沈没地点の位置を示す図
時刻 20:00 CST (UTC+08:00)
日付 2018年1月6日
場所 東シナ海(上海市から東160 nmi (300 km)地点)
座標 北緯28度22分00秒 東経125度55分00秒 / 北緯28.3667度 東経125.9167度 / 28.3667; 125.9167座標: 北緯28度22分00秒 東経125度55分00秒 / 北緯28.3667度 東経125.9167度 / 28.3667; 125.9167
原因 衝突
関係者 乗員53名
(サンチに32人、CFクリスタル号に21人)
死者 32 (全員サンチ乗員)

目次

概要編集

サンチ号は、パナマ船籍イラン政府所有の石油タンカーである。ペルシア湾から韓国へ、136,000トン天然ガス・コンデンセートで満積になった状態で航行中、長江河口から東へ 160海里 (300 km) の地点で、香港船籍の貨物船、CFクリスタル号(中国名は長峰水晶号)と衝突した。サンチ号は衝突直後に出火し、約1週間にわたって燃えながら漂流して、1月14日に沖縄の北東 160海里 (300 km) の日本の排他的経済水域内で沈没した[2]

各国が連携して船舶・航空機を用いた救助・消火・油防除活動に尽力した。しかし、CFクリスタル号の乗組員は全員救助され、船は中国上海に入港したが、サンチ号の乗組員32人全員が犠牲となった。イラン国営石油会社の試算によると、サンチ号の沈没によりもたらされた経済的損失は、積荷の喪失により6千万ドル、船自体の喪失により5千万ドル、合わせて約1億1千万ドルと見られる。

サンチ号が積み込んでいた「天然ガス・コンデンセート」(凝析油。英語ではよく短縮して "condensate" と呼ばれる。)は、非常に燃焼しやすいタイプの超軽量粗製油である[3][4]。少量吸い込むだけで窒息の危険があり、人体への有害性が高いとされ[1]、今後の環境への悪影響が懸念されている(#環境に与える影響)。

海上衝突した2隻の詳細は以下となる。

サンチ(Sānčī; Sanchi)号
大きく被害を受けた当事者の一方、サンチ(Sānčī; Sanchi)号は、イラン国営タンカー会社英語版の注文に基づいて現代三湖重工業が2008年に韓国の霊岩で製造した二重船殻構造スエズマックス・サイズの石油タンカー全長 274.18メートル (899 ft 6 in)、総トン数 85,462 トン、載貨重量トン数 164,154トン)である[5]
サンチ号は衝突当時、南パールス・ガス田英語版から取り出した天然ガス・コンデンセート、136,000 トン (960,000 バレル) で満積にし、大韓民国石油化学企業、ハンファ・トータル英語版に届けるため、ペルシャ湾岸のアサルーイェ港英語版を出港し、韓国の瑞山市大山韓国語版に向けて航行中であった[6][7][8]
CFクリスタル(CF CRYSTAL、長峰水晶)号
衝突の相手方、CFクリスタル(CF CRYSTAL)号は、香港企業、Changhong Group (HK) Ltd の注文に基づいて、中国江陰市の澄西船廠(中国船舶工業集団傘下企業の1つが持つ造船所)により2011年に製造されたパナマックス・サイズのばら積み貨物船であり、総トン数 41,073、載貨重量トン数 71,725である。実際の運行は上海企業、Shanghai CP International Ship Management & Broker Co Ltd が行っていた[9]。国際航海上のルールから船体上に明示されている船名は、CF CRYSTALである。
事故当時、CFクリスタル号は、アメリカ合衆国ワシントン州カラマ港英語版を出港して、中華人民共和国広東省麻涌鎮英語版に向けて、穀類65,000トンを積んで航海中であった[10]。衝突後、乗組員(全員中国人)21人は全員救助され、1月10日に舟山市へ牽引された[11]

経緯編集

  • 2018年1月6日
午後8時(CST)頃、石油タンカー、サンチ号は、東シナ海上海沖160カイリ(300 km)の地点を航行中に、香港船籍の貨物船、CFクリスタル号と衝突し、直後に出火した[1]
  • 1月7日
衝突現場には中国当局の船舶14隻、韓国の韓国海洋警察庁の船舶1隻が向かい、断続的に爆発が発生する中、救助活動と消火活動を行った[12][13]
アメリカ海軍嘉手納基地から哨戒機を飛ばし、空から行方不明船員を捜索した[14]新華社通信によると、日本の海上保安庁の船舶2隻(うち1隻は消防船)も事故現場へ向かい、救助活動と消火活動に参加している[12]。現場海域は強い北東の風が吹いており、1月12日時点で風速約17から11メートル毎秒、波高3から4メートルであった[12]
CFクリスタル号の乗組員21名を周辺漁船が救助、中国交通運輸部はサンチ号の乗組員32名が行方不明であることを公表した。
  • 1月8日
海上から船員1名の遺体が回収された[15]
上海海事局は、現場周辺10海里の航行を制限する警告を発令。中国海事安全局による事故調査チームが設置された。
  • 1月10日
韓国海洋水産部は火災は4週間続く見込みと述べた[16]
正午、サンチ号は漂流しながら日本の排他的経済水域に入ったことが確認され、日本の第十管区海上保安本部鹿児島)によりその旨、発表された[17]
中国国家海洋局は、中国の沿岸海域の生態環境に及ぶ影響が当面の間はないとの公式見解を示した[18]
  • 1月11日
10日から11日にかけてタンカーの爆発が再開し、救助船舶の接近を阻む状況となる。
第十管区によると、同日午後の時点でサンチ号は奄美大島の北西 300キロメートル (186 mi) の地点を漂流していた[17]
  • 1月13日
中国外相王毅はイラン外相モハンマド・ジャヴァード・ザリーフに電話会談し、1%でも希望があるなら中国は人命救助に100%の努力をする旨、伝えた[14][19]。中国の救助チームはサーンチー号に登船して、積まれたままの救命ボートの中から2名の遺体を収容し、船橋から航海データ記録装置を回収した[12][20][21]。4名からなるサルベージ・チームは、防毒マスクを着用していたものの、風向きが変わり、有毒ガスにより作戦続行が難しくなったため、乗船後半時間も経たないうちに離船を余儀なくされた[20][21]。居住区の中も捜索しようとしたが、燃え盛る炎により摂氏89度にも上る気温のため断念したと報道された[20]
  • 1月14日
午後4時45分、サンチ号は日本の排他的経済水域(北緯28度22分、東経125度55分、水深115m)の海底へ沈没、サンチ号乗組員32名(イラン国籍30名、バングラデシュ国籍2名)のうち生存者はなかった[22]
  • 1月17日
中国運輸省は、サンチ号は海中 115メートル (377 ft) のところに沈んでいると発表した[23]
  • 1月21日
日曜日の午前にテヘランで犠牲者の追悼式が行われた[24]。追悼式にはハサン・ロウハーニー大統領も出席した[24]駐イラン中国大使英語版龐森は1月16日にイラン国民に対し哀悼の意を表した[25]。そのほかに石油輸出国機構(OPEC)の理事局長モハンメド・バルキンド英語版[26]、駐イラン韓国大使[27]、駐イラン・フランス大使も哀悼の意を表した。駐イラン韓国大使キム・スンホは中国等に比べて比較的長い追悼の談話を発表している[27]。談話の中でキムは「救助に携わった中国、日本、韓国の三箇国はみな必死の努力をしたが、高熱と煤煙のために目的を果たせなかった、サンチ号は、大型のタンカーはちょっとした衝撃でも火事になり沈み得るということのよい証拠になった」などと述べた[27]
  • 2月2日
鹿児島県奄美大島からトカラ列島の宝島周辺の沿岸で、黒い油状の漂着物が多数確認された。日本政府は、海上保安庁を派遣、除去作業と現地で油のサンプルを採取し、タンカー事故との関連性を調査していると公表した[28]

環境に与える影響編集

ロイターによると[29]、当該事故により幅 13キロメートル (7.0 nmi) 長さ 11キロメートル (5.9 nmi) の油膜が海洋表面に形成されており、風に流されて日本の方向に向かっているが、流出物の周りを船で取り囲んでこれ以上広がらないようにする取り組みが既に始まっている。コンデンセートはきわめて揮発しやすく、また、環境に有害な物質である[30]。海洋表面の油膜の問題もさることながら、深海に沈没した船体にはコンデンセートに加え、重油も残っている。サンチ号のタンク内には2,000トンの重油が残っているという見積もりもある[31]

ニューヨーク・タイムズ紙は、原油が流出したエリアが東シナ海において食用される魚がこの時期に卵を産む場所であり、鯨が行き来する場所でもある点を指摘して、環境に与える影響は相当なものであると述べ、1991年に起きたABTサマー号の爆発事故以来の大規模な石油流出事故だとした[32]

イギリス国立海洋センター英語版サウサンプトン大学の研究者は、2006年1月から2015年までの海洋大循環を追った詳細なデータを用いて計算機シミュレーションを行い、汚染エリアの地図と、3か月以内に汚染が朝鮮半島に到達するとの推定を発表した[33]。同センターのシミュレーションはその後更新され、日本には1か月以内に到達するとした[34]。同報告は、タンカーの沈没箇所が日本海流(黒潮)に近く、これが災いして汚染は予想よりも大規模に、また急速に拡大する可能性にも言及している。しかしながら、青島中国国家海洋局は別の海洋循環モデルを示し、汚染は日本を通り過ぎるだろうと予測した[35]

ニューヨーク・タイムズ紙は、漁業への打撃のみならず沿岸の汚染といった環境への悪影響が重大である可能性があり、その場合、関係各社と保険業者が代償を支払うであろうとした[36]

CNNのリポーターは、1月19日の報道で、海洋表面の油膜が 100km2 (40 sq mi) を超えて広がっていると述べた[37]

コンデンセートは揮発しやすい性質を持つため、環境への影響は粗製油の流出と比較した場合に、異なるものとなる。科学雑誌『ネイチャー』で発表された報告によると、この差異があるゆえにおそらく、当該流出事故の重要な局面は、事故直後に有毒物質によって海洋生物に悪影響が出ることであり、コンデンセートによる沿岸の汚染や海底堆積物への沈殿への懸念は小さい[38]

陰謀説編集

2017年12月22日の国連安全保障理事会による北朝鮮への石油禁輸制裁決議以後、韓国は、決議違反の可能性があるパナマや香港船籍の船を何回か止めている[39]。中国は北朝鮮への原油の運び込みを許しているとして糾弾されている[40]。中東では複数のメディアが、「サンチ号の真の目的地が北朝鮮であったため、アメリカ軍によるミサイル攻撃を受けた」という説を紹介している[41][42]。例えば、サウジ系国際テレビチャンネル・アル=アラビーヤがこの噂を報道した[43]。ロウハーニー大統領から本事故に関する特命全権を受けた労働大臣アリー・ラビーイーペルシア語版は、この噂を公式に否定した[43][44]。ラビーイー大臣によると「『周りの船がレーダーを切りミサイルが撃たれた、だからレーダーには映らなかった』などというのは国際関係や海事に無知なものの言うこと」とされた[43]。駐イラン韓国大使キム・スンホも噂を否定した[43]。駐イラン中国大使も噂を否定した[45]

出典編集

  1. ^ a b c A drifting inferno”. REUTERS GRAPHICS (2018年1月16日). 2018年2月3日閲覧。
  2. ^ The World has never seen an Oil Spill like this” (2018年1月19日). 2018年2月2日閲覧。
  3. ^ Sanchi: Burning tanker off Chinese coast 'in danger of exploding'”. BBC News Online. 2018年1月8日閲覧。
  4. ^ “Iranian oil tanker sinks after burning for more than one week”. London. (2018年1月14日). http://www.telegraph.co.uk/news/2018/01/14/iranian-tanker-carrying-one-million-barrels-oil-sinks-east-china/ 2018年1月14日閲覧。 
  5. ^ "Sanchi (27100)". DNV GL Vessel Register. Det Norske Veritas. 8 January 2018閲覧. 
  6. ^ “Rescuers battle toxic oil blaze off China coast”. (2018年1月8日). https://www.ft.com/content/4ef4af5c-f379-11e7-88f7-5465a6ce1a00 2018年1月16日閲覧。 
  7. ^ “NITC tanker explodes in collision, 32 missing”. IHS Markit Maritime. (2018年1月7日). https://fairplay.ihs.com/safety-regulation/article/4295951/nitc-tanker-explodes-in-collision-32-missing 2018年1月16日閲覧。 
  8. ^ “Analysis: South Korea may seek prompt naphtha after condensate cargo collision”. S&P Global Platts. (2018年1月8日). https://www.platts.com/latest-news/oil/london/analysis-south-korea-may-seek-prompt-naphtha-26866615 2018年1月10日閲覧。 
  9. ^ CF Crystal”. American Bureau of Shipping. 2018年1月10日閲覧。
  10. ^ “Oil tanker burning off China’s coast at risk of exploding”. Vancouver, WA, USA. (2018年1月8日). https://www.columbian.com/news/2018/jan/08/oil-tanker-burning-off-chinas-coast-at-risk-of-exploding/ 2018年1月10日閲覧。 
  11. ^ Rescuers resume search for survivors from blazing Iran oil tanker, Reuters, 11 January 2018
  12. ^ a b c d “桑吉”轮可能爆炸 13.6万吨凝析油会不会污染东海?”. 新華社 (2018年1月13日). 2018年2月3日閲覧。
  13. ^ Update 2: Body of One Missing Mariner Found as Fears of Tanker Exploding Heat Up”. World Maritime News. 2018年2月3日閲覧。
  14. ^ a b Hope Fades for Missing Crew Members as Iranian Oil Tanker Sinks” (2018年1月8日). 2018年2月3日閲覧。
  15. ^ “Oil tanker Sanchi partially explodes in East China Sea”. (2018年1月10日). http://edition.cnn.com/2018/01/10/asia/china-oil-tanker-sanchi-explosion-intl/index.html 2018年1月10日閲覧。 
  16. ^ Report: Explosion Reported on board Stricken Iranian Tanker”. World Maritime News. 2018年1月10日閲覧。
  17. ^ a b Stricken Iranian oil tanker drifts into Japan’s economic zone: coast guard”. Samaa TV (2018年1月12日). 2018年1月12日閲覧。
  18. ^ “国家海洋局有关专家回应东海撞船事件 暂不会影响近岸海域生态环境”. http://www.soa.gov.cn/xw/hyyw_90/201801/t20180110_59924.html 国家海洋局、2018-01-10
  19. ^ 王毅:中方将继续全力搜救伊朗船只和船员”. 中华人民共和国外交部 (2018年1月13日). 2018年2月3日閲覧。
  20. ^ a b c Chinese salvagers recover two bodies from flaming Iranian tanker”. Reuters. 2018年1月13日閲覧。
  21. ^ a b “Burning oil tanker 'sinks off China'” (英語). (2018年1月14日). http://www.bbc.com/news/world-asia-42680945 2018年1月14日閲覧。 
  22. ^ “Burning Oil Tanker Sanchi Sinks off China” (英語). https://worldmaritimenews.com/archives/240598/burning-oil-tanker-sanchi-sinks-off-china/ 2018年1月14日閲覧。 
  23. ^ China detects position of sunken oil tanker Sanchi. XINHUANET.com, 17 January 2018. 17 January 2018閲覧
  24. ^ a b Ceremony in commemoration of Sanchi oil tanker victims”. Tehran Times (2018年1月21日). 2018年2月3日閲覧。
  25. ^ Chinese envoy condoles with Iranian nation on Sanchi tragedy” (2018年1月16日). 2018年2月3日閲覧。
  26. ^ OPEC extends condolences over Sanchi tragedy”. Tehran Times (2018年1月21日). 2018年2月3日閲覧。
  27. ^ a b c Proper way to remember Sanchi sailors”. Tehran Times (2018年1月23日). 2018年2月3日閲覧。 “Sanchi is a strong evidence of the high and inherent risk engaged in sailing large tankers. A minor shock is devastating enough to fire and sink them.”
  28. ^ “奄美沿岸に油が漂着 沈没タンカーが原因か?政府が対応協議”. http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/3/23660.html ハザードラボ、2018-02-02
  29. ^ “Stricken tanker leaves large oil slick in the East China Sea”. (2018年1月15日). https://www.reuters.com/article/us-china-shipping-accident/black-smoke-billows-from-tanker-sinking-site-as-worry-grows-over-sea-damage-idUSKBN1F40GV 2018年1月15日閲覧。 
  30. ^ Jean-Michel Gradt (2018年1月15日). “Marée Noire Historique en Mer de Chine” (フランス語). 2018年1月15日閲覧。
  31. ^ Sanchi Sinking: Bunker Spill Fears Compound Worst Oil Ship Disaster in Decades - Ship & Bunker” (2018年1月16日). 2018年1月17日閲覧。
  32. ^ “Huge Oil Tanker Spill in East China Sea Stirs Environmental Fears” (英語). (2018年). ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2018/01/15/world/asia/oil-tanker-spill-sanchi-east-china-sea.html 2018年2月2日閲覧。 
  33. ^ Sanchi oil spill contamination could take three months to reach mainland” (英語). National Oceanography Centre. 2018年1月16日閲覧。
  34. ^ Sanchi oil spill contamination could reach Japan within a month (update) | National Oceanography Centre” (英語). 2018年1月17日閲覧。
  35. ^ “Unique oil spill in East China Sea frustrates scientists” (英語). (2018年1月24日). doi:10.1038/d41586-018-00976-9. https://www.nature.com/articles/d41586-018-00976-9 2018年1月28日閲覧。 
  36. ^ “China Oil Spill Compensation Claims Face Iran Payment Snags” (英語). (2018年). ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/reuters/2018/01/10/business/10reuters-china-shipping-accident-compensation-analysis.html 2018年1月18日閲覧。 
  37. ^ “Oil spill off China coast now the size of Paris”. http://edition.cnn.com/2018/01/18/asia/china-sanchi-tanker-oil-spill-intl/index.html 2018年1月19日閲覧。 
  38. ^ “Unique oil spill in East China Sea frustrates scientists” (英語). (2018年1月24日). doi:10.1038/d41586-018-00976-9. https://www.nature.com/articles/d41586-018-00976-9 2018年1月28日閲覧。 
  39. ^ https://www.theguardian.com/world/2017/dec/31/south-korea-seizes-second-ship-suspected-of-smuggling-oil-to-north
  40. ^ https://www.nytimes.com/2017/12/29/world/asia/south-korea-ship-seized.html
  41. ^ http://www.mikrofonnews.com/برخی-نمایندگان-مجلس-امریکا-به-سانچی-حم/
  42. ^ https://www.isna.ir/news/96102513145/واقعا-آمریکایی-ها-به-نفت-کش-سانچی-حمله-کردند
  43. ^ a b c d Iran dismisses claim tanker shot by missile”. Tehran Times (2018年1月16日). 2018年2月3日閲覧。
  44. ^ http://fa.alkawthartv.com/news/116335
  45. ^ Chinese envoy dismisses rumors about Iranian oil tanker incident”. IRNA (2018年1月21日). 2018年2月3日閲覧。