石田 亜矢子(いしだ あやこ、1971年11月9日 - )は、元リングアナウンサー神奈川県横浜市出身。神奈川県立野庭高等学校卒業。

経歴編集

  • 全日本女子プロレスのスター選手だった井上京子の熱狂的なファンであったが、井上が全日本女子を退団後に設立したネオ・レディース(のちのNEO女子プロレス)に自ら志願し旗揚げに参加。リングアナウンサーとして慣れないリングに立ちながらも雑用もこなすなど尽力する。また、ストーリー展開上の重要人物として活躍し、シャーク土屋に目をつけられリング上や本部席でも挑発されていた。後にレスラーとしても幾度かリングに上がりクラッシャー前泊らと対戦したこともある。
  • 2005年に夫の病気で休業に入るも、2006年には復帰する。
  • 2010年、NEO女子プロレスの解散とともにリングアナを引退するまで長い期間、井上京子を支え続けた。引退の理由は「NEO以外の団体でリングアナをする姿が想像できない」ことと家庭の事情[1]であった。
  • 2011年、井上京子が中心となって旗揚げした「ワールド女子プロレス・ディアナ」の設立準備に携わる[1]。しかし団体設立後はスタッフとしては参加せず、井上京子およびディアナとはほぼ関わりがない状態である。
  • 2012年には、元「週刊ゴング」統括マネージャー杉本喜公が代表を務め、元女子プロレスラーのライブ制作も手がけるパブリック・ジョイ・プロダクションが運営するPUBLIC JOY STOREの運営統括責任者となる。また、パブリック・ジョイ・プロダクションと業務提携を結んださくらえみが旗揚げした我闘雲舞の日本での定期興行『Gatoh-meet』及び『Gatoh-Move Japan tour』(10月に呼称変更)の運営(チケット製作・販売、受付、売店等の業務全般)にも携わり[2]、PUBLIC JOY STOREにて同団体オフィシャルグッズも取り扱っている。さらに佐野直が経営する「スタンリークラブ」にも2ヶ月に1回の割合で立って活躍している。


人物編集

  • 見た目によらず巨乳の持ち主であり、震度2で胸が揺れたことによりFカップと判明。
  • 大の酒好きでもあり、酒に関わる失敗談が結構ある。
  • NEOが解散後も所属していた選手・スタッフとは現在でも交流が続いている。中でも仲村由佳千春とは仕事仲間であり[3]、スタンリークラブには千春とともに立っている。
  • ゆずクレイジーケンバンドThe Bandman's Kindのファンである。
  • 我闘雲舞のテーマ曲を製作する際、The Bandman's Kindのメンバーに直接交渉して曲の使用を了承してもらい[4]、また、我闘雲舞の売店でもCDの販売の許可を得て行っている[5]
  • 趣味はスポーツジムでランニングマシーンをしながら「5時に夢中」を視聴することであるが、自宅に帰宅後はジムで流した汗の10倍はビールを摂取してしまうため、ダイエット効果は全くない。痩せる目的ではなく健康維持と体力作りでトレーニングを行っている形である。
  • 二日酔いで電車に乗ることもあり、よく寝過ごしてしまうことが多い。以前宇都宮にライブを見に行こうとした所寝過ごしてしまい、起きた時そこは那須高原だったというエピソードを持つ。
  • 三田英津子元気美佐恵の2人がNEO退団後は、リングアナにも関わらず団体内では一番体格がいい女子となった。

脚注編集

  1. ^ a b 『ワールド女子プロレス・ディアナ』 - あやちゃんのぷるぷる日記3
  2. ^ 『Gatoh-meet』 - あやちゃんのぷるぷる日記3
  3. ^ 『おさらい』 - あやちゃんのぷるぷる日記3
  4. ^ 『我闘雲舞テーマ曲『It's往来』』 - あやちゃんのぷるぷる日記3
  5. ^ 『昨日の市ヶ谷』 - あやちゃんのぷるぷる日記3

関連項目編集

外部リンク編集