メインメニューを開く

神奈川県立横浜南陵高等学校

神奈川県立横浜南陵高等学校(かながわけんりつ よこはまなんりょうこうとうがっこう)は、神奈川県横浜市港南区に所在する公立高等学校

神奈川県立横浜南陵高等学校
Yokohama-Nanryo highschool.jpg
国公私立の別 公立学校
設置者 神奈川県の旗 神奈川県
学区 全県一学区
併合学校 神奈川県立横浜日野高等学校
神奈川県立野庭高等学校
設立年月日 2003年4月
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 2学期制
高校コード 14287F
所在地 234-0053
神奈川県横浜市港南区日野中央2-26-1

北緯35度23分10.2秒 東経139度35分7.8秒 / 北緯35.386167度 東経139.585500度 / 35.386167; 139.585500座標: 北緯35度23分10.2秒 東経139度35分7.8秒 / 北緯35.386167度 東経139.585500度 / 35.386167; 139.585500
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
神奈川県立横浜南陵高等学校の位置(神奈川県内)
神奈川県立横浜南陵高等学校

設置学科編集

概要編集

横浜日野高等学校と野庭高等学校の2校の再編統合により、平成15(2003)年4月、「新しいタイプの高校-専門コース設置校(健康福祉コース)」の一つである、全日制課程・普通科の「横浜南陵高等学校」として開校した。健康福祉棟という設備を設置し、現在も活用されている。平成29(2017)年度入学生から「健康福祉コース」の募集を停止したが、総合学習・関連選択授業・課外活動など、その成果を学校全体の特色とする「全日制課程・普通科」の高校へと改編した。その他、特色的なことを挙げると、設備面では、全HR教室に強光量特殊プロジェクター設置予定(2・3年HRは設置済)である。生徒面では、高校生活のスタートを円滑にするため、1年の担任は1クラス2名体制で、2・3年では各クラス専属の副担任がいる。平成26・27(2014・2015)年度、人権教育研究指定校となり研究を進めた。部活動面では、社会福祉部が連続で全国高等学校総合文化祭全国大会に進出。秋に鳥取県で行われている高校生手話パフォーマンス甲子園にも3年連続で進出し、福祉イベントなどにも出演している。運動部では男子ハンドボール部(6年連続14回関東大会出場)・バドミントン部・ボウリング部などが成果をあげている。進路面では、国立大学の合格者も出している。周辺には当校を含めて3つの学校等があり、日野中央公園を含めて閑静な文教地区を形成している。2020年度は、きめ細かい学習等のため、現在の2学期制から3学期制へと移行する。

沿革編集

  • 2003年(平成15年)4月 - 神奈川県立横浜日野高等学校神奈川県立野庭高等学校が統合して、神奈川県立横浜南陵高等学校として開校。
  • 2017年4月 - 健康福祉コースの生徒募集を停止し、コース制を解消。

神奈川県立横浜日野高等学校編集

神奈川県立野庭高等学校編集

  • 1975年(昭和50年)創立 全日制普通科校
  • 所在地:神奈川県横浜市港南区野庭町1660
  • 神奈川県立野庭高等学校吹奏楽部
    同校吹奏楽部は、吹奏楽コンクールの関東大会や その上位大会である全国大会の常連として広く知られた。
    中澤忠雄が同吹奏楽部を指揮・指導して強豪に育て上げた実話をモチーフにしたドラマ『仰げば尊し』が2016年に放送され[1]、正門のシーン等一部に同校跡地が使用されている。
回数 課題曲 自由曲 結果
1983(昭和58)年 第31回 C : カドリーユ (後藤洋 アルメニアン・ダンス・パートIアルフレッド・リード 金賞
1984(昭和59)年 第32回 D : マーチ・オーパス・ワン (浦田健次郎 「ハムレット」への音楽 より プロローグ、俳優たちの入場、
エルシノア城とクローディアス王の宮中 (アルフレッド・リード
金賞
1986(昭和61)年 第34回 D : コンサート・マーチ「テイク・オフ」(建部知弘 オセロアルフレッド・リード 金賞
1988(昭和63)年 第36回 D : カーニバルのマーチ (杉本幸一 序曲《春の猟犬》アルフレッド・リード 金賞
1992(平成4)年 第40回 A : ネレイデス (田中賢 バレエ音楽《アパラチアの春》コープランド森田一浩編曲) 銀賞
1993(平成5)年 第41回 IV : マーチ・エイプリル・メイ (矢部政男 ハンガリー民謡〈くじゃく〉による変奏曲コダーイ森田一浩編曲) 金賞
1994(平成6)年 第42回 I : ベリーを摘んだらダンスにしよう (間宮芳生 吹奏楽のためのファンタジー (夏田鐘甲 銀賞
1995(平成7)年 第43回 IV : アップル・マーチ (野村正憲 バレエ組曲《シバの女王ベルキス》 より I.ソロモンの夢
IV.狂宴の踊り (レスピーギ小長谷宗一編曲)
金賞

部活動編集

  • 運動部
    • アメリカンフットボール、弓道、剣道、サッカー、水泳、ソフトテニス、テニス、バスケットボール、バドミントン、バレーボール、ハンドボール、ボウリング、モダンダンス
  • 文化部
    • 軽音楽、コーラス、コンピュータ科学、茶道、社会福祉、吹奏楽、生物、箏曲、美術、放送、ホームメイキング、漫画研究[2]

交通編集

関連書籍編集

  • ブラバン・キッズ・ラプソディー-神奈川県立野庭高等学校吹奏楽部の10年』作:石川たか子(1991年10月、四海書房) ISBN 4-915629-32-5
    • 【改題】『ブラバン・キッズ・ラプソディー-野庭高校吹奏楽部と中澤忠雄の挑戦』作:石川高子(2009年3月、三五館)
  • 『ブラバンキッズ・オデッセイ 野庭高校吹奏楽部と中澤忠雄の仕事』作:石川高子(2007年4月、リトル・ドッグ・プレス )ISBN 978-4-901846-77-6
    • 【改題】『ブラバンキッズ・オデッセイ 野庭サウンドの伝説と永遠のきずな』作:石川高子(2009年4月、三五館)

著名な出身者編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集