石踏 一榮(いしぶみ いちえい、1981年 - )は日本小説家千葉県出身。※誕生日は単行本9巻より引用

石踏 一榮
(いしぶみ いちえい)
ペンネーム 石踏 一榮
(いしぶみ いちえい)
誕生 (1981-04-25) 1981年4月25日(38歳)
日本の旗 日本千葉県
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2006年 -
ジャンル ライトノベル
代表作ハイスクールD×D
主な受賞歴 第17回ファンタジア長編小説大賞特別賞(『電蜂 DENPACHI』)
デビュー作 『電蜂 DENPACHI』
テンプレートを表示

来歴・人物編集

2005年富士見書房主宰の第17回ファンタジア長編小説大賞に応募した『電蜂 DENPACHI』が特別賞を受賞。翌2006年に同作品が単行本化され、デビューを果たす。同年に第2作『SLASH/DOG』が出版された。それから2年後の2008年に第3作『ハイスクールD×D』シリーズが刊行開始されたが、その準備中に父親が他界している[1]。また、7年後の2015年7月に発売された『ハイスクールD×D』20巻の準備中に母親が他界した[2]

趣味はガンプラポケモンであり、自身のブログ「イチブイ」でも話題にすることが多い。

グランクレスト・リプレイ ライブシリーズ ライブ・ファンタジア』にプレイヤーとして出演している。

作品一覧編集

脚注編集

  1. ^ 『ハイスクールD×D1 旧校舎のディアボロス』巻末あとがき
  2. ^ 『ハイスクールD×D』20巻あとがき273ページより。

外部リンク編集