メインメニューを開く

砕屑岩(さいせつがん、: clastic rock[1])は、地表の岩石から風化侵食によって生じた粒子砕屑物)によって構成されている堆積岩である。特に、火山由来の粒子が堆積してできたもの(凝灰岩など)は、火山砕屑岩(火砕岩)と呼ぶ。

砂岩と泥岩には、粒径のわずかな違いから、葉理と呼ばれる堆積構造が発達することが多い。一般に、堆積にが関与している砕屑物の粒径は、堆積時の水のエネルギーの大小を反映するとされている。そのため、砕屑岩の研究においては砕屑物の粒径の変化、葉理、その他さまざまな堆積構造の発達の有無が重視される。

目次

区分編集

砕屑岩は砕屑物の粒径により、大きく礫岩・砂岩・泥岩に区分される。

  • 礫岩 - 砕屑物の平均粒径が2mm以上のもの。
  • 砂岩 - 砕屑物の平均粒径が2~1/16mmのもの。
  • 泥岩 - 砕屑物の平均粒径が1/16mm以下のもの。
    • シルト岩 - 泥岩の中で平均粒径が1/256mm以上1/16mm以下のもの。
    • 粘土岩 - 泥岩の中で平均粒径が1/256mm以下のもの。

礫岩のうち、礫が角張っているものは角礫岩という。また、泥岩が剥離性(はくりせい)をもつようになったものを頁岩粘板岩という。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 文部省編『学術用語集 地学編』日本学術振興会、1984年、119頁。ISBN 4-8181-8401-2

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集