メインメニューを開く

泥岩(でいがん、: mudstone[1])は、その構成物質の粒の大きさが116mm以下のもの()でできている堆積岩の一種。海底湖沼底などに堆積した泥(シルト粘土)が、脱水固結して岩石となったものである。

泥岩
堆積岩
SiltstoneUSGOV.jpg
シルト岩
構成物
シルト粘土
プロジェクト:地球科学Portal:地球科学

主に粘土鉱物からなり、有機物を含むことも多い。

いろいろな泥岩編集

泥岩は、粒径により、さらにシルト岩(しるとがん、siltstone[1])と粘土岩(ねんどがん、claystone[1])に細分できる[2]。粒径の境界は 1/256 mmであり、それより粗粒なのがシルト岩、細粒なのが粘土岩である[3]

一般に[要検証]剥離性に乏しく塊状に割れる。特に、剥離性を示す場合は頁岩と呼んで区別することが多い。変成作用により、さらに剥離性が発達した粘板岩(スレート)、千枚岩結晶片岩(片岩)という変成岩になる。

石油地質学英語版の分野では、有機物を多く含む泥岩を根源岩(ソースロック)と呼んでいる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 文部省編『学術用語集 地学編』日本学術振興会、1984年。ISBN 4-8181-8401-2
  2. ^ 周藤・小山内 2002, p. 235.
  3. ^ 周藤・小山内 2002, p. 230.

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集