硫化ストロンチウム

硫化ストロンチウム(りゅうかストロンチウム、: Strontiumsulfide)はストロンチウム硫化物で、化学式SrSで表される無機化合物炎色反応で鮮やかな色を発色することから花火に使用されるほか、脱毛剤発光塗料蛍光体としても用いられる。

硫化ストロンチウム
Strontium sulfide[1]
識別情報
CAS登録番号 1314-96-1 チェック
PubChem 14820
特性
化学式 SrS
モル質量 119.68 g/mol
外観 灰色の粉末
匂い 硫化水素
密度 3.70 g/cm3
融点

2002 °C, 2275 K, 3636 °F

への溶解度 微溶
への溶解度 分解
屈折率 (nD) 2.107
構造
結晶構造 岩塩状(立方体), cF8
空間群 Fm3m, No. 225
配位構造 八水和物 (Sr2+); 八水和物 (S2–)
危険性
安全データシート(外部リンク) External MSDS
EU Index Not listed
関連する物質
その他の陰イオン 酸化ストロンチウム
その他の陽イオン 硫化マグネシウム
硫化カルシウム
硫化バリウム
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

製造編集

発光性を持たない硫化ストロンチウムは硫酸ストロンチウムを還元することで得られる。発光性の硫化ストロンチウムは、水酸化ストロンチウム硫黄とを加熱することにより製造できる。

脚注編集

  1. ^ Strontium sulfide, cameochemicals.noaa.gov

外部リンク編集