メインメニューを開く

磐田警察署 (いわたけいさつしょ)は、静岡県磐田市にある静岡県警察所管の警察署の一つ。署長警視

Asahikage.svg 磐田警察署 Japanese Map symbol (Police station).svg
都道府県警察 静岡県警察
管轄区域 磐田市
課数 8
交番数 8
駐在所数 3
所在地 438-0811
静岡県磐田市一言2533番地4
外部リンク 磐田警察署
テンプレートを表示

目次

所管区域編集

  • 磐田市

所在地編集

  • 静岡県磐田市一言2533-4

沿革編集

  • 1876年(明治9年)
    • 9月20日 - 見附第五出張所設置。
    • 12月28日 - 警察第六出張所に名称変更。
  • 1877年(明治10年)
  • 1886年(明治19年)10月16日 - 森町分署が森町警察署に昇格。袋井分署新設。
  • 1889年(明治22年)3月1日 - 袋井分署が山名分署に名称変更。
  • 1900年(明治33年)8月7日 - 山名分署が袋井分署に名称復帰。
  • 1914年(大正3年)5月6日 - 袋井分署を巡査部長派出所に降格。
  • 1940年(昭和15年)
  • 1948年(昭和23年)
  • 1951年(昭和26年)9月30日 - 9月中に袋井・福田・掛塚各町で行われた自治体警察廃止を求める住民投票の結果、賛成多数を占めたため、廃止。翌日、南磐田地区警察署に編入。
  • 1954年(昭和29年)
    • 6月30日 - 旧警察法の廃止に伴い、南磐田地区警察署・磐田市警察署廃止。
    • 7月1日 - 現警察法の施行に伴い、静岡県警察が発足し、静岡県磐田警察署(正式名称)。
  • 1962年(昭和37年)5月8日 - 旧庁舎新築落成。当地は1951年9月1日に、旧磐田市が井通村大字一言の一部を編入した土地(1962年9月1日にも旧豊田村大字一言の一部も編入)で、2005年の新設合併まで、分割された境界が複雑に入り組む状態だった。[1]
  • 1998年(平成10年)2月2日 - 新郵便番号制度が導入され、庁舎が所在する旧磐田市一言は438-0087に設定された。
  • 2000年(平成12年)2月14日 - 現庁舎建て替え竣工。庁舎は旧豊田町側に位置していた。
  • 2005年(平成17年)4月1日 - 旧磐田市が周辺4町村と新設合併したと同時に、旧磐田市内と旧豊田町内に併存していた一言が54年ぶりに一体化され、郵便番号が旧磐田市側から旧豊田町側の438-0811に変更された。
  • 2007年(平成19年)4月1日 - 2005年4月に行われた市町村合併と静岡県警の警察署管轄再編計画に伴い、これまで天竜警察署管内だった旧豊岡村地区を編入。
  • 2011年(平成23年)4月1日 - 静岡県警の警察署再編計画に伴い、所管区域の一部である袋井市を分離(袋井警察署新設)。
  • 2017年(平成29年)8月23日 - 千手堂駐在所・長野駐在所を統合し、磐田南部交番を新設。

交番・警察官駐在所編集

  • 豊岡交番(上神増)
  • 向陽交番(向笠竹之内)
  • 磐田駅前交番(中泉)
  • 豊田交番(森岡)
  • 西貝交番(西貝塚)
  • 福田交番(福田)
  • 竜洋交番(豊岡)
  • 磐田南部交番(千手堂)
  • 御厨警察官駐在所(鎌田)
  • 富岡警察官駐在所(富里)
  • 十束警察官駐在所(堀之内)

備考編集

参考文献編集

  • 『静岡県警察史』上巻 静岡県警察本部・発行 1978
  • 『静岡県警察史』下巻 静岡県警察本部・発行 1979
  • 『静岡県警察史』自昭和50年至平成12年 静岡県警察本部・発行 2002

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 1.土地・気象 2.市の変遷 平成20年版 磐田市統計書

外部リンク編集