メインメニューを開く

祖心尼(そしんに、天正16年(1588年) - 延宝3年3月11日1675年4月5日))は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての女性。伊勢国岩手城主・牧村利貞の娘。名はおなあ、おのう、古那とも。義理の叔母春日局(血縁では父の従姉妹)の補佐役として江戸幕府3代将軍徳川家光に仕えたである。臨済宗済松寺開基。弟に牧村牛之助がいる。

生涯編集

天正16年(1588年)、牧村利貞の娘として生まれた。しかし、父は仕えていた豊臣秀吉による文禄の役に出陣し、文禄2年(1593年)に死亡した。父と懇意であった前田利家の導きにより加賀藩前田家に引き取られ、利家の長男利長の養女となり、おなじく長兄の利長の養子となった前田利常と共に養育される。後に前田家の分家である小松城前田直知(利家の長女・幸の息子)へ嫁ぎ、2人の男児を産むが、その後前田家より突如離縁を申し付けられる。この理由は諸説あって明らかではないが、おなあがキリシタン大名高山右近との親交が深かったためともいわれている。

離縁を受け、おなあは幼い下の子供を連れ、生前の父が建立した京都妙心寺雑華院住職で叔父の一宙禅師の元へ身を寄せる。この時、妙心寺寿聖院にいた石田三成の長男、宗亨(石田重家)に帰依し、禅を学んでいる。やがて、会津藩蒲生忠郷の重臣町野幸和と再婚して娘のおたあが産まれる。重臣の妻として権勢を振るうが、ほどなく藩主・蒲生忠郷が死亡して、跡継ぎのいない蒲生家は改易され、夫は浪人となってしまう。

浪人となった一家は江戸に移住した。おなあは暇に飽かせて多くの書物に触れ、この時期に多くの知識と教養を得た。その後、教養を見込まれ、おなあの叔母で当時の大奥を取り仕切っていた春日局から補佐役を依頼され、大奥に出仕するようになった。

大奥に入ったおなあは、雑華院で得た経験を生かし、大奥の女たちにの心を説いて聞かせるなど、女中の意識向上に尽力した。また、春日局に乞われて自身の孫娘(おたあの子)であるお振の方を春日局の養女として大奥に入れ、家光の側室とした。お振の方は寛永14年(1637年)に家光の長女・千代姫(のちに尾張藩徳川光友の正室)を生むが、産褥が思わしくなく、その看病にあたった(お振の方は、寛永17年(1640年)に死去)。

このような日々を送るうち、家光の勧めもあって寛永20年(1643年)に出家、祖心尼と名乗った。祖心尼は家光にも禅を説いた。やがて家光は祖心尼に、幕府祐筆大橋龍慶屋敷跡を寺領を寄進して寺院建立を指示し、祖心尼を開基として済松寺が建立された。家光は臨終の際にも祖心尼を呼び、「わが身は日光に葬られても、わが心はこの済松寺に留まる」と言い残した。

家光の死後、祖心尼は大奥を去り、余生を済松寺で過ごした。

外部リンク編集