メインメニューを開く
神戸製鉄所西門

神戸製鋼所神戸製鉄所(こうべせいこうしょこうべせいてつしょ)は兵庫県神戸市灘区にある神戸製鋼所銑鋼一貫製鉄所だった[1]。神鋼社内では、神鉄(しんてつ)と呼ばれている。

概要編集

神戸港に面する兵庫県神戸市灘区灘浜東町2に神戸製鉄所がある。敷地面積は約107万m²、従業員数は約1300人。高炉は1基あり、年間の粗鋼生産量は約130万トンだった[2]。敷地内に神戸発電所(出力140万kW)を併設し、IPP事業も行っている。

主な生産品は、自動車向け部品の素材となる線材と棒鋼である。

2017年10月31日で高炉が停止された。加古川製鉄所からの鉄鋼を使い、ばねボルトなどの材料となる線材や棒鋼に圧延する工程が残る。高炉跡地では石炭火力発電設備を計画している[1]

沿革編集

 
1995年4月2日に行われた第3高炉の再「火入れ式」。
  • 1959年(昭和34年)1月 - 神戸製鉄所を新設。
  • 1995年(平成7年)1月17日 - 阪神・淡路大震災で甚大な被害を受ける。
  • 2007年(平成19年)12月 - 第3高炉の改修工事が完了。
  • 2017年(平成29年)10月31日 - 第3高炉を停止。1959年1月以来58年10ヶ月続いた高炉の火が消えた[1]

生産品編集

アクセス編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集