神港夕刊新聞社(しんこう・ゆうかん・しんぶんしゃ)は、かつて神戸新聞社の子会社という位置づけで発行していた夕刊の専門新聞社である。

概要編集

神戸新聞社では第二次世界大戦の終了後に、娯楽を重視した夕刊紙の創刊・発行を計画していた。これに対して、当時日本でポツダム宣言に伴う占領政策を執行していた連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)は、国内の製紙事情などを理由に、同じ新聞社が2つの地方紙を発行することを認めない方針を示した。そこで神戸新聞社では、子会社として神港夕刊新聞社を設立したうえで、「神港夕刊新聞」の創刊に漕ぎ着けた。

神港夕刊新聞社では、親会社の神戸新聞社との間で編集・販売業務の全面提携を結んでいた。しかし、1948年に社名を「神港新聞社」と変更したうえで、神戸新聞社から分離・独立。1950年には、神戸新聞に次ぐ兵庫県内第2の県域新聞を目指すための整備の一環として、朝刊とのセット販売を開始した。同年1月20日には、関西地区では初めてのスポーツ紙として、「スポーツ・アンド・スクリーン」「オールスポーツ」を同時に創刊させた。鈴木竜二セントラル・リーグ顧問)・小島善平(同リーグ関西事務所長)・宇野庄治(読売新聞社運動部長、いずれも当時)からの打診を受けての創刊で、神港新聞の読者から題号を公募した後に「オールスポーツ」へ決定した[1]が、1950年代の中盤以降は経営不振が続いた。

「オールスポーツ」関連の事業は後に「オールスポーツ新聞社」として神港新聞社から独立したものの、経営不振の解消までに至らなかった。そこで1957年に、大阪府枚方市朝日新聞宅配販売店(現在の「ASA」)を経営していた折田平市を介して、朝日新聞社日刊スポーツ新聞社(東京)がオールスポーツ新聞社の経営権をフランチャイジー方式で継承。「大阪日刊スポーツ新聞社」(現在の日刊スポーツ新聞西日本)に移行した。

一方の神港新聞は、1959年に題号を「兵庫新聞」と改めると、1961年10月に夕刊紙の単独発行に戻された。しかし、1968年6月1日付け(5月31日夕方発行分)の新聞を最後に廃刊した。

なお、神戸新聞社では神港新聞の独立化に際して、新しい題号の新聞の創刊を計画。1948年8月には、この計画を基に「デイリースポーツ」が創刊された。

脚注編集

  1. ^ 球団売却に新興企業参入…球界波乱含みの五輪イヤー(『日刊スポーツ2020年1月20日付記事)。記事が配信された日は、「オールスポーツ」の創刊から70年の節目に当たる。

出典編集