メインメニューを開く

神田ろ山

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

神田 ろ山(かんだ ろざん)は、講釈師名跡

初代編集

本名:小林寅吉 1890年(明治23年)4月3日 - 1946年(昭和21年)6月4日。享年56。

東京の生まれ、1907年3代目神田伯山門下で初代神田山陽3代目神田伯治5代目神田伯龍と共に四天王と呼ばれた。

次郎長伯山と呼ばれた師匠、3代目神田伯山の十八番、その「次郎長伝」を師匠生き写しに演じたことでも有名[1]で、その彼から習ったのが浪曲の広沢虎造である。そのせいでろ山は師・伯山から一時破門され、虎造一行と共に旅興行に出る[2]

わらわし隊参加者。

得意演目は「吉良の仁吉」など

2代目編集

1908年(明治41年)8月13日 - 1984年(昭和59年)1月1日

2代目 神田かんだざん
本名 岩田清司
生年月日 1908年8月13日
没年月日 (1984-01-01) 1984年1月1日(75歳没)
師匠 初代神田ろ山
名跡 1.神田晴山(1925年 - 1937年)
2.神田桜山(1937年 - 1946年)
3.2代目神田ろ山(1946年 - 1980年)
4.神田寿山(1980年 - 1984年)
活動期間 1925年 - 1984年
活動内容 講談師

東京の生まれ。 1925年に初代ろ山に入門し、「晴山」、1937年に「桜山」に改名、1946年に初代が死去し2代目「ろ山」を襲名。1980年に病で倒れ名跡を譲り「寿山」を襲名。

3代目編集

3代目 神田ろ山( 1919年(大正8年)1月16日 - 1989年(平成元年)10月9日)は、講談師。

3代目 神田かんだざん
本名 河野 利雄
生年月日 1919年1月16日
没年月日 (1989-10-09) 1989年10月9日(70歳没)
出身地   日本埼玉県
師匠 初代神田ろ山
名跡 1.神田ち山(1937年 - 1940年
2.神田智山(1940年 - ?)
3.神田知山(不詳)
(この間廃業)
4.神田知山(1972年 - 1980年)
5.3代目神田ろ山(1980年 - 1989年)
活動期間 1937年 - ?
1972年 - 1989年
活動内容 講談師
主な作品
痴楽綴り方狂室(4代目柳亭痴楽の十八番)
受賞歴
文化庁芸術祭賞(1986年)

埼玉県の生まれ、鳩ケ谷小学校卒業。1937年に初代ろ山に入門し、「ち山」。1940年に戦争で負傷し、「智山」と改名。戦後まもなく「知山」。長らく廃業していたが、1972年復帰し、1980年に3代目「ろ山」を襲名した。1986年文化庁芸術祭賞受賞。

得意演目は「次郎長とどもやす」「森の石松」など。

落語家4代目柳亭痴楽の十八番だった「綴り方狂室」はろ山の作。

脚注編集

  1. ^ 有竹修二『講談・伝統の話芸』p.142
  2. ^ エーピーピーカンパニー『江戸東京芸能地図大鑑』(マルチメディアCD-ROM)付属冊子 布目英一「広沢虎造も作家だった」p.22。同様の内容は芸能小説であるが事実関係が正確で、人名事典(コンサイス日本人名事典5版)にも引かれる、吉川潮『江戸っ子だってねえ―浪曲師広沢虎造一代』でも確認可能