神道霊学 (神道天行居)

神道霊学(しんとうれいがく)とは、新宗教神道天行居の教説の事。日本古来から巫(ミコ・女性)・覡(カムナキ・男性)に伝わっているとされる「霊」の世界を研究対象として、皇室による人類の統治の正当性を自明のものとしている。天皇を神道仏教キリスト教などを発した「万教の大教主」として崇めるが、このような大本教生長の家に始まる教説は敗戦前の大日本帝国憲法の下ではかえって「不敬」として弾圧されていた。神道天行居では教義の中核となる古神道や太古神法なるものを神道霊学と称している。神道天行居参照。

神道霊学の位置編集

神道霊学は下図の右下に分類される。太字で表示。委細は新宗教参照。

┌─祭り型神道┬─宮中神道・・・宮中の祭祀
|        ├―神社神道・・・通常の神社の祭祀
|        ├―民間神道・・・道祖神田の神山の神竈神など
|        └―陰陽道系・・・土御門神道いざなぎ流など
└-教え型神道┬―学派神道┬―復古神道・・・平田篤胤
|     ├―理論神道・・・伊勢神道唯一神道など
|     ├―神仏習合系・・両部神道山王一実神道など
|     └―神儒一致系・・儒家神道理学神道など
└―教派神道―-┬―山岳信仰系・・実行教御嶽教など
  ├―霊示系・・・・黒住教金光教天理教など
  ├―伝統神道系・・出雲大社教神道修成派など
  └―新思想系・・・大本教三五教生長の家白光真宏会玄学修道会世界救世教真光系諸教団神道天行居(神道霊学)など

平田篤胤の影響編集

江戸時代国学平田篤胤1812年の「古史伝」の起稿時に、この世界と共時して隠れたる世界の存在を認識する必要性を痛感した。その考察をひもとくことにより、古道の本質が何処に所在するのか、そして、其の源流が何処より流れているのかを探り当てた。

また、平田篤胤は、

猛男めかして、余(ほか)の道々を論(あげつら)ふものも有れど、それはた、我が立る道の意(こころ)さへ熟(よ)くも知らず、まして向の説をば生々に聞きはつり、たゞ、声大きくいふのみなれば、身方より見るに、いと心苦しく、ほとほと汗も出ぬめり。(「霊能御柱」)
(現代語訳:他の諸説を一見いさましく攻撃する者もあるが、それもまた自分の立つ立場の根本さえ十分に理解せず、まして先方の説については生半可に聞いただけで、ただ声を大きくして言うだけであるから、味方から見ていても心苦しく冷や汗が出る始末である。)[1]

と述べて、中途半端な知識を羅列することを戒めている。

また、その遺書の「霊示の秘密」の項で、「自分の著作は実は私が新たに解明したことは一つも書いていない。だが、全ては若いときに太古より秘伝を伝えてきた老人から強引に貰い受けた書物をほとんどマル写しにしたものであるから真理しか書いていない。おかげで有名になれたし、子孫や門弟たちはこれからずっと食うに困らないであろう。もはや地獄に堕ちても悔いはない。」(現代語訳は執筆者)という趣旨のことを述べて秘伝の価値を明らかにしている。 篤胤は「古事記」を解釈し読み解く内に、黄泉の国(死者の世界)は穢れた世界であるはずがないと考え、人は死後に身体は土に還るが、霊魂は大国主命(オオクニヌシノミコト)の主宰する幽冥界(死者の世界)に永久にとどまると解釈した[2]。また当時は禁書であったキリシタンの書を読んだ篤胤は「創造主」という一神教的観念を取り入れ、[3]「古事記」(上巻・「天地のはじめ」)を解釈して、世界は天御中主神(アメノミナカヌシ)によって生成されたと主張した[4]

近代の天皇を中心とする政治体制下の霊学編集

「神道霊学」の語の使用は欧米の心霊学スビリチュアリズム)の書の翻訳においてであるとされる。19C西洋から輸入された心霊学の思想に注目したのは大本教浅野和三郎谷口雅春などであった可能性もあるらしい。二人は後に(時期は不明だが)大本教を脱退し、浅野は西洋の霊学と東洋の神霊学を(時期は不明だが)融合し、心霊科学研究会を、谷口は西洋の[5]光明思想を取り入れた生長の家を設立した。大本教の信奉者であった友清歓真も脱退して神道天行居をおこした。

霊学の起源はシャーマニズムなどにある。それらは各地の風土に合った信仰、そして教義を生んだ。日本ではその教義を記した書を「奥義書」などと称し、それらは主に巫覡に伝えられていると神道霊学の信奉者は信じているという。たとえば、明治時代の神道霊学の大家の大石凝真素美は日本の琵琶湖竹生島が人類発祥の地であるという奥義などを公開している。[6]。このような連綿と伝承されてきた窮極の奥義の教学の総体が神道霊学と称されている。

谷口雅春・友清歓真以後の展開編集

利権をめぐる醜い抗争はあったが、その教義の展開はない(教義は墨守すべきもので展開してはならない)。

神道霊学による歴史編集

  • 悠久の昔、天御中主の「ムスビ」の命令により宇宙ができた。
  • 悠久の昔、天御中主の「ムスビ」の命令により皇室の皇祖が誕生した。
  • 悠久の昔、琵琶湖の竹生島で人類が誕生した。
  • 昔、皇祖はスサノオノミコトの化身であるエホバの神を通してモーセ十戒を与えた。
  • 昔、皇祖は三輪山の西側にバベルの塔を建設した人類を「不敬」としてこれを破壊し、罰として部族ごとに言語を分けた。
  • 昔、皇祖は天竺(インド)の人々のために釈迦を派遣した。
  • 紀元前551年、皇祖は中国大陸の人々のために孔子を派遣した。
  • 0年、皇祖は南蛮の人々のために五十猛尊(イタケルノミコト)の化身のイエス・キリストを派遣した。
    綾部京都府)にあった高天原エルサレムは聖地であった。(現在はエルサレムは中東に移動した。綾部を流れる由良川ヨルダン川に分流した。)
  • 239年、天皇は卑弥呼に命じてに使者を送らせた。
  • 645年、天皇は奸臣の蘇我氏を征伐し、大化改新を挙行して奈良幕府の将軍に聖徳太子を任じた。
  • 712年、『古事記』。
  • 720年、『日本書紀』。
  • 756年以降、『万葉集』。
  • 794年、天皇は都を京都に移して自ら平安幕府の将軍となった。
  • 1003年、天皇は紫式部に命じて平家を滅ぼした。
  • 1180年治承・寿永の乱(源平合戦)が始まり、この頃に初めて日本に悪魔が上陸した。
  • 1192年、天皇は紫式部の子孫の光源氏を鎌倉幕府の将軍に任じた。
  • 1494年、天皇はコロンブスに命じてアメリカ大陸を作らせた。
  • 1542年、天皇は大地を球体に作り直し、引力を発明して地球の裏側の人が落ちないように工夫された。
  • 1543年、天皇の命令によりコペルニクスは『天体の回転について』で地動説を発表した。
  • 1571年、天皇は織田信長に命じて西洋の悪魔が巣くう比叡山を焼打ちにした。
  • 1812年、平田篤胤は『古史伝』を起稿。
  • 1813年、平田篤胤『霊能真柱』刊。
  • 1867年、天皇はマルクスに『資本論』を書かせた。
  • 1868年、明治維新。この以後西洋の思想や文化が怒涛のように我が国に押し寄せてくる。
    文明開化鹿鳴館時代の到来。やがて政治家や資本家・軍人達がユダヤと手を組んで私腹を肥やし、拝金主義と競争原理を取り入れて、昭和20年の敗戦に導く役割をする。
  • 1889年大日本帝国憲法発布。
  • 1892年出口なお大本(教)を起こす。
  • 1899年、天皇は王権統治による全人類に対する愛と平和の実現を目指して大本教対策のために著作権法を制定した。
  • 1921年大本教不敬罪新聞紙法違反容疑を受けた。
    出口王仁三郎は逮捕され、以後、多くの信者が脱退した。別の新宗教を起こした幹部もいる。(第一次大本事件
  • 1927年大本教出口王仁三郎大正天皇の死に伴う恩赦で放免した。
  • 1928年10月神道天行居『古神道秘説』発行。
    その附録として、宮地水位の日誌の一部である『異境備忘録』を入手して、著作権無視、独断と偏見のもとに自著の中に掲載する。
  • 1934年岡田茂吉大本教を離脱。
  • 1934年神道天行居鳳凰寮編『禁厭集』出版。
  • 1934年7月27日、天皇が酒井将軍に書かせた『太古日本のピラミッド』(国教宣明団)は奸臣により安寧秩序紊乱により発禁処分となった。
  • 1935年、天皇の勅任官の内務省警保局長の唐沢俊樹は自ら特高警察を率いて大本教の本部を急襲し、不敬罪治安維持法違反で取り締まった。
    神殿を破壊し、土地も没収し、信徒3000名を逮捕した。激しい拷問によって多くは棄教したが、棄教しない16名は獄死した。狂乱、半狂乱になったものも多数いたという。教団の活動は禁止となったが、獄死しなかった者たちは信仰を守り、あるいは別の新宗教を起こした。(第二次大本事件
  • 1936年、天皇は陸軍の青年将校たちに命じて二・二六事件を起こさせたが、奸臣に妨害された。
  • ?年、谷口雅春は大本教を脱退し、生長の家を設立した。友清歓真(友清天行)は大本教を脱退し、神道天行居 を設立した。
  • ?年、浅野和三郎スピリチュアリズム組織心霊科学研究会を設立した。(後の日本心霊科学協会
  • 1937年神道天行居『天行林』。
  • 1937年、天皇は王権統治による全人類に対する愛と平和の実現を目指して日中戦争開始。
  • 1941年10月2日、天皇が室伏高信に編集させた『谷口雅春選集』(潮文閣)は奸臣により安寧秩序紊乱により発禁処分となった。
    理由は「神、仏、基その他万教尽く天皇より発し天皇を万教の大教主とするなど皇室に対し不敬」(「「出版警察報」)であった。
  • 1941年、天皇は王権統治による全人類に対する愛と平和の実現を目指して大東亜戦争(対米戦)開始。谷口雅春は「皇軍必勝」を説き、戦闘機を軍に献納するなど教団を挙げて戦争に協力した。
  • 1945年、天皇は王権統治による全人類に対する愛と平和の実現のために長崎・広島に原爆を落とすように命令した。
  • 1945年、天皇は王権統治による全人類に対する愛と平和の実現のためにポツダム宣言を受諾し、日本は戦争に大勝利した。
    「無明(まよい)と島国根性に凝り固まった偽の日本のみ敗戦、本当の神洲日本国は大勝利」(谷口雅春)した。大日本帝国憲法の停止。
    天皇は戦争によって「無明(まよい)と島国根性に凝り固まった偽の日本」人を殲滅し、その怨霊の主な者を靖国神社に封印した。総理大臣には公式参拝を命じ、後には東條英機などもここに封印した。
  • 1946年、天皇は自著「日本国憲法」を渙発された。
  • ?年、天皇の命令により谷口雅春は「明治憲法復元運動」を起こした。
  • 1997年新しい歴史教科書をつくる会が設立され、生長の家の信者が多く参加した。

神道霊学を研究・信奉する宗教・政治団体一覧編集

注釈と文献編集

注釈編集

  1. ^ 平田篤胤「霊能御柱」下巻。『日本思想史大系』第50巻、岩波書店、1973年、130頁より引用。現代語訳は相良亨編『日本の名著』第24巻、中央公論社、1972年、260頁より引用。
  2. ^ 平田篤胤『霊能真柱』1813年刊。
  3. ^ 村岡典嗣「平田篤胤の神学に於ける耶蘇教の影響」1920年「芸文」11巻3号。所収『新編日本思想史研究』2004年、平凡社東洋文庫。
  4. ^ 平田篤胤『霊能真柱』1813年刊。
  5. ^ 光明思想は米国のものであるが、神道霊学では西洋のもの、あるいは米国は西洋に存在すると考えられている可能性がある。光明思想参照。
  6. ^ 『大石凝真素美全集』1923年、国華社。

聖典編集

  • 明治天皇『軍人勅諭』1882年。
  • 明治天皇『大日本帝国憲法』1889年。
  • 酒井将軍『太古日本のピラミッド』国教宣明団、1934年。(発禁本)
  • 神道天行居鳳凰寮編『禁厭集』1934年。
  • 友清歓真『霊学筌蹄』(天行居)、1935年。
  • 室伏高信編『谷口雅春選集』潮文閣、1941年。(発禁本)
  • 西尾幹二新しい歴史教科書をつくる会編『国民の歴史』扶桑社、1999年。
  • 水木大覚『神道玄義~宇宙第一之書の奥義の解明~』今日の話題社、2006年。

解説文献編集

  • 小林よしのり『教科書が教えない小林よしのり』星雲社、1997年。

批判文献編集

  • 一柳広孝『「こっくりさん」と「千里眼」――日本近代と心霊学――』講談社、1994年。
  • 「教科書に真実と自由を」連絡会編『徹底批判「国民の歴史」』大槻書店、2000年。

中立的文献編集