福勝寺(ふくしょうじ)は、京都市上京区にある真言宗善通寺派寺院。山号は竹林山本尊薬師如来。通称として「峰薬師」と呼ばれている。

福勝寺ふくしょうじ
Fukusho-ji Temple Nanaban-cho140516NI1.JPG
所在地 京都市上京区出水通千本西入七番町323-1
位置 北緯35度1分18.1秒
東経135度44分28.6秒
座標: 北緯35度1分18.1秒 東経135度44分28.6秒
山号 竹林山
宗派 真言宗善通寺派
本尊 薬師如来峰薬師
創建年 不詳
開基 弘法大師
中興年 正嘉年間(1257年1259年
中興 覚済
正式名 竹林山福勝寺
別称 峰薬師
ひょうたん寺瓢箪寺
桜寺
札所等 洛陽三十三観音霊場第29番
京都十二薬師霊場第6番
通称寺の会
法人番号 4130005002207 ウィキデータを編集
テンプレートを表示

歴史編集

弘法大師により河内国古市郡中村(現在の大阪府羽曳野市)に創建されたが衰退した。

その後、正嘉年間(1257年1259年)に覚済僧正(別名・山本僧正)によって、京都油小路五条坊門に再建された。以降、三度の移転を経て現在地に至る。

年中行事として、弘法大師が恵果和上により伝授された如意宝珠歓喜天の秘法でもって大寒より七日間行い祈祷された瓢箪節分会に授与する。歴代の天皇より帰依を受けたが、特に後陽成天皇後西天皇により勅願寺とされている。後西天皇より「観世音菩薩」の名号と紫宸殿の左近のの分木を下賜され、「桜寺」と呼ばれている。

また、当寺の本尊である薬師如来、通称「峰薬師」は、愛知県新城市鳳来寺の薬師如来と同木同作であり利修仙人の作と伝わっている。鎌倉時代奈良東大寺大仏の再建に際し、重源の所有となって共に諸国を遍歴した後、当寺に奉安されたとされる。

札所編集

洛陽三十三所観音霊場
28 壬生寺中院 -- 29 福勝寺 -- 30 椿寺地蔵院
京都十二薬師霊場
5 地福寺 -- 6 福勝寺 -- 7 雙林寺

外部リンク編集

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]