メインメニューを開く

福島県道7号猪苗代塩川線

日本の福島県の道路

福島県道7号猪苗代塩川線(ふくしまけんどう7ごう いなわしろしおかわせん)は、福島県耶麻郡猪苗代町喜多方市塩川町を繋ぐ県道主要地方道)である。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 7.svg
福島県道7号標識
福島県道7号 猪苗代塩川線
主要地方道 猪苗代塩川線
路線延長 22.3km
起点 耶麻郡猪苗代町二丁田【地図
終点 喜多方市塩川町東栄町【地図
接続する
主な道路
記法
国道115号標識 国道115号
Japanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
都道府県道64号標識
福島県道64号会津若松裏磐梯線
Japanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
都道府県道69号標識
福島県道69号北山会津若松線
国道121号標識 国道121号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

概要編集

途中でJR磐越西線と2度交差するが、かつてはその2地点とも踏切だった。しかし交通量の増加に伴い当県道の踏切は全廃され立体交差に切り替えられた。[要出典]

猪苗代町 - 磐梯町の区間では磐梯山南側の山麓に道が続く。国道115号との交差点を起点にし、猪苗代町の商業地、住宅地の中を通り、農地や集落などが続く猪苗代町西部の翁島地区に至る。翁島地区を過ぎると磐梯町に入る。磐梯町内でも農地や集落などが続く中を通過する。また、磐梯町内では前述の立体交差でJR磐越西線と交差する。加えて、この区間の大部分は東側が高い下り坂になっており、磐梯町の町役場などがある地区に至る。その後、磐梯町大谷地区などを経て喜多方市に至る。

喜多方市内では多くの区間で農地などが広がる中を通過する。また、路線の南側などを日橋川が流れているほか、日橋川の支流、大塩川を渡る。大塩川を渡ると国道121号との終点に至る。

路線データ編集

  • 総延長:22.509 km[1]
  • 起点:耶麻郡猪苗代町二丁田(国道115号交点)
  • 終点:喜多方市塩川町東栄町(国道121号交点)

歴史編集

路線状況編集

重複区間編集

道路施設編集

狐堰橋
  • 全長:37.5m
  • 幅員:6.5(11,0)m
  • 形式:単純PCポステンT桁橋
  • 竣工:1993年
喜多方市塩川町金橋字切立家前に位置し、一級水系阿賀川水系日橋川より東京電力金川水力発電所へ取水する金川取水路を渡る。旧橋梁の線形不良、幅員狭小、高欄の破損や、冬季のスキー客による渋滞の解消のために1991年度より建設された。総工費は2億1100万円[4]。すぐ上流側には旧狐堰橋が架けられている。上流側の欄干は撤去され、取水施設が増設されており、橋の前後には門扉が設置され関係者以外の進入はできない。橋名の由来は、金川取水路がもともと狐堰用水であったことから。
東栄橋
  • 旧橋の老朽化による架け替えが行われ、2018年8月10日に供用された[5]

道の駅編集

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

 
福島県喜多方市付近

沿線にある施設など編集

  • 猪苗代養護学校
  • 磐梯町立磐梯第二小学校
  • 国立磐梯青少年交流の家
  • 翁島温泉
  • 西ノ沢温泉
  • JR 磐越西線

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 道路現況(主要地方道) - 福島県土木部
  2. ^ 福島県路線図 - 福島県土木部
  3. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十1日建設省告示第千二百七十号、建設省
  4. ^ 福島県の橋梁 平成10年度版 - 福島県土木部
  5. ^ 福島県報 平成30年8月10日付け 定例第3027号 福島県告示第629号

関連項目編集