メインメニューを開く

福田又一

福田又一

福田 又一(ふくだ またいち、元治元年8月10日[1]1864年9月10日) - 昭和14年(1939年1月25日[2])は、日本の衆議院議員憲政本党立憲国民党立憲同志会)、弁護士

経歴編集

武蔵国横見郡前河内村[3](その後埼玉県比企郡南吉見村を経て、現在の吉見町)に、福田沢吉の二男として生まれる[4]1882年明治25年)、埼玉県立中等師範学校漢学部に入学し、1885年(明治18年)に東京師範学校に入学した[5]。しかし法学経済学を学ぶため英吉利法律学校(現在の中央大学)に転じ、1889年(明治22年)に卒業した。1891年(明治24年)に代言人の資格を得て、開業した[4]

東京府会議員、神田区会議員、同副議長、東京市会議員、同副議長を歴任。1908年第10回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。3期務めた。

脚注編集

  1. ^ 『第拾壱回改選 代議士銘鑑』、国華新聞社、1912年。
  2. ^ 『新訂政治家人名事典』
  3. ^ 『埼玉人物事典』685頁。
  4. ^ a b 『立身致富信用公録』p.25-26
  5. ^ 『在野名士鑑』p.97-99

参考文献編集

  • 武部竹雨(弁次郎)編 『在野名士鑑 巻之二』 竹香館、1893年
  • 『立身致富信用公録 第十一編』 国鏡社、1903年
  • 埼玉県教育委員会編『埼玉人物事典』埼玉県、1998年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』 日外アソシエーツ、2003年