メインメニューを開く

秋光純(あきみつ じゅん、1939年 - )は、日本物理学者学位理学博士東京大学1970年)。青山学院大学理工学部名誉教授岡山大学特任教授2001年紫綬褒章[1]2014年瑞宝中綬章を受章[2]

秋光純
(あきみつ じゅん)
生誕 1939年
日本の旗 広島県大崎下島(現・呉市
居住 日本の旗 日本
研究分野 物理学
研究機関 東京大学
青山学院大学
岡山大学
出身校 修道高等学校卒業
東京大学理学部卒業
東京大学大学院理学系研究科
修士課程修了
東京大学大学院理学系研究科
博士課程単位取得
主な業績二ホウ化マグネシウムにおける39Kの超伝導」
プロジェクト:人物伝

目次

概要編集

広島県大崎下島(現・呉市)出身[3]1970年代より超伝導の研究を続ける[2]2001年3月1日号の英国科学雑誌『Nature』に「二ホウ化マグネシウムにおける39Kの超伝導」の論文を発表。銅酸化物以外の金属系ではNb3Ge(転移温度 23 K)以来27年ぶりの高温超伝導体の発見に世界中が注目し、高い評価を受け、多くの賞を受賞した[4]2014年瑞宝中綬章を受章[2]

略歴編集

受賞歴編集

勲章編集

共著編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集