メインメニューを開く

秋月 種信(あきづき たねのぶ)は、日向高鍋藩の第3代藩主。第2代藩主秋月種春の長男。

 
秋月種信
時代 江戸時代前期
生誕 寛永8年12月14日1632年2月4日[1]
死没 元禄12年7月27日1699年8月22日[1]
別名 黒帽子(幼名)、兵部、主殿(通称
戒名 天沢院殿 龍岳宗雲大居士
墓所 宮崎県児湯郡高鍋町の竜雲寺
官位 従五位下、佐渡
幕府 江戸幕府
主君 徳川家光家綱綱吉
日向高鍋藩
氏族 秋月氏
父母 父:秋月種春、母:佐久間勝之の娘
兄弟 アグリ(六条有縄室)、種信、セン、半之丞、カン、湛栄
正室:長徳院松浦隆信の娘)、
側室:サワ(山名外記の娘)、吉川氏の娘など
イヌ(早世)、チヨ(本堂玄親室)、ナベ(花房正矩室)、種恒、トリ(大森頼隆室)、種政、マツ(安部信峯室)、クニ(早世)、種封種利、マル(織田信明室)、佐久間勝親、女(早世)、女(早世)、ノブ(北条氏朝継々室)、サン(早世)、ヒサ(早世)、シホ(早世)、ヒサ(隈江信方室)

生涯編集

万治2年(1659年)、父の死去により跡を継ぐ。父の時代から起こっていた白井種盛種重家老親子がもたらした問題(上方下方騒動)に決着をつけるため、専横はなはだしかった白井一派の多くを粛清した。その上で新たに身分や国にとらわれず有能な人材を登用した。他に高鍋城の整備を行い、延宝元年(1673年)に財部を高鍋と改名した。

天和3年(1683年)、五男で信州長沼藩主となっていた佐久間勝親改易されたとき、その縁戚に当たることから種信にも2か月間の閉門処分が下された。元禄2年(1689年)2月晦日、次男種政に家督を譲って隠居し、元禄12年(1699年)7月27日に69歳で死去した。

脚注編集

  1. ^ a b 秋月種信 デジタル版 日本人名大辞典+Plus