秋池玲子

日本の事業家

秋池 玲子(あきいけ れいこ、1964年7月8日 - )は、日本事業家ボストンコンサルティンググループ マネージング・ディレクター&シニア・パートナー[1]早稲田大学理工学部大学院修士課程修了。1990年キリンビール入社、マッキンゼー・アンド・カンパニー、株式会社産業再生機構を経て2006年11月より現職[2]マサチューセッツ工科大学スローン経営学大学院への留学経験がある[2]

竹中平蔵などとともに国家戦略特別区域諮問会議有識者議員を務め[3]加計学園愛媛県今治市の特区に開校した岡山理科大学獣医学部などの審議を行った[4]。2018年4月、経済同友会副代表幹事に就任。同年7月には、森友学園決裁文書の改ざんやセクハラの不祥事を起こした財務省が、再発防止のための会議を設置し秋池を参与に任命した[5]

出典編集

  1. ^ 秋池玲子 (エキスパート検索) - Boston Consulting Group。
  2. ^ a b 秋池玲子 – 第15回国際女性ビジネス会議。
  3. ^ 国家戦略特別区域諮問会議の内閣総理大臣が指定する国務大臣及び有識者議員の内定について - 平成25年12月20日 内閣府。
  4. ^ 森友・加計問題安倍答弁
  5. ^ 財務省が“再発防止会議” 2018年7月月27日 - テレビ東京WBS。