メインメニューを開く

秋田県道126号秋田操車場線

日本の秋田県の道路

秋田県道126号秋田操車場線(あきたけんどう126ごう あきたそうしゃじょうせん)は、秋田県秋田市を通る一般県道である[1]

一般県道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
秋田県道126号標識
秋田県道126号 秋田操車場線
あきたそうしゃじょうせん
総延長 0.7 km
実延長 0.7 km
制定年 1965年
開通年 未調査
起点 秋田市外旭川字菅野
終点 秋田市泉字登木
秋田県道56号秋田天王線交点
接続する
主な道路
記法
Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
都道府県道56号標識
秋田県道56号秋田天王線
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

概要編集

秋田市泉菅野1丁目で市道から連続し、秋田市泉字登木の秋田県道56号秋田天王線の操車場入口交差点に至る0.7キロメートルの短距離路線である。

国鉄の秋田操車場が1964年貨物駅・秋田操駅に昇格したことにともない、1965年、秋田県道126号秋田操車場線が制定された。その後1986年貨車操車場の機能が廃止になり、区画を縮小したため当県道の起点とは接続しなくなった。1990年JR貨物秋田貨物駅に改称されたが、県道の名称は「秋田操車場線」から変わらず現在に至っている。

操車場が縮小された区画の跡地は宅地化されて「泉ハイタウン」になり、操車場が廃止されたあとは起点に接続する市道と合わせて生活道路で利用される。

路線データ編集

  • 総延長 : 0.747 km[2]
  • 実延長 : 0.747 km[2]
  • 起点 : 秋田県秋田市外旭川字菅野104番1地先(現・秋田市泉菅野1丁目)[3]地図
  • 終点 : 秋田県秋田市泉字登木65番(秋田県道56号秋田天王線交点、操車場入口)[3]地図
  • 未供用区間 : なし[2]

歴史編集

路線状況編集

愛称編集

秋田市では当路線と終点で連続する市道ついて愛称をつけ『市民に親しまれる道路愛称』として一覧を公開している[4][5]

  • 泉いちょう通り(新国道紳士服のコナカ前交差点〜保戸野学園通りローソン保戸野原の町店前交差点[6]

冬期閉鎖区間編集

交通不能区間編集

地理編集

交差する道路編集

施設名 接続路線名 備考 所在地
起点 秋田市泉菅野1丁目
操車場入口 秋田県道56号秋田天王線 終点 秋田市泉字登木

沿線の施設など編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 建設部道路課(路線名) 2015
  2. ^ a b c 建設部道路課(道路現況) 2015, p. 7
  3. ^ a b c 建設部道路課(起点終点) 2015, p. 9
  4. ^ 市民に親しまれる道路愛称”. 秋田市 (2010年9月7日). 2013年10月8日閲覧。
  5. ^ 道路愛称路線図”. 秋田市 (2010年9月7日). 2013年10月8日閲覧。
  6. ^ 平成16年に認定当時の区間をそのまま掲示。
  7. ^ 冬期閉鎖路線一覧”. 秋田県 建設部道路課. 2015年11月1日閲覧。
  8. ^ 通行不能区間一覧”. 秋田県 建設部道路課. 2015年11月1日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集