メインメニューを開く

秋穂町(あいおちょう)は、山口県南部、瀬戸内海沿岸のほぼ中央に位置した

あいおちょう
秋穂町
廃止日 2005年10月1日
廃止理由 新設合併
秋穂町、山口市徳地町小郡町阿知須町山口市
現在の自治体 山口市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中国地方
中国・四国地方
都道府県 山口県
吉敷郡
団体コード 35401-5
面積 24.09km2.
総人口 8,042
(2004年)
隣接自治体 山口市防府市
町の木 サクラ
町の花 ナノハナ
秋穂町役場
所在地 754-1192
山口県吉敷郡秋穂町東6570
座標 東経131度26分14秒
北緯34度0分54秒
 表示 ウィキプロジェクト

2005年10月1日に、山口市などと合併して消滅した。

目次

地理編集

隣接している自治体編集

歴史編集

産業編集

クルマエビ養殖発祥の地。

漁業編集

  • 秋穂漁港
  • 大海漁港

交通編集

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

その他編集

  • 市外局番は083、市内局番は984となっている。
  • 那須正幹の「ぼくらの地図旅行」(福音館書店ISBN 4-8340-0826-6)という絵本の舞台はこの町である。作品では野浜という名前に変えられているが、いくつかの地名は実在のものが使われている。
  • 合併前は全国市町村を50音順に並べた場合、最初になる市町村だった。(「あいお」とする場合。「あいおちょう」まで読めば「相生市(あいおいし)」が先になる。

外部リンク編集