程 徳全(てい とくぜん)は清末民初の政治家。中華民国の初代江蘇都督。雪樓。号は本良。本籍は江蘇省蘇州府呉県

程徳全
Cheng Dequan.jpg
プロフィール
出生: 1860年咸豊10年) 
死去: 1930年民国19年)5月29日
中華民国の旗 中華民国上海市
出身地: 清の旗 四川省夔州府雲陽県
職業: 政治家
各種表記
繁体字 程德全
簡体字 程德全
拼音 Chéng Déquán
注音二式 Chéng Déchiuán
和名表記: てい とくぜん
発音転記: チョン ドーチュエン
ラテン字 Ch'eng To-ch'üan
テンプレートを表示

事跡編集

清で貢生となる。1890年光緒16年)、国子監で学ぶ。翌年から、主に黒竜江において政治的経歴を積み重ね、主に事務、文書起草の任に就いた。1905年(光緒31年)、黒竜江将軍を署理し、光緒33年(1907年)、黒竜江巡撫を署理する。1909年宣統元年)、奉天巡撫に任命された。1910年(宣統2年)、江蘇巡撫に異動した。

辛亥革命勃発後の1911年(宣統3年)11月、程徳全は周囲から推戴され、江蘇都督となる。1912年民国元年)1月3日に南京臨時政府が成立すると、その内務部総長に任命された。その同日、中国同盟会を離脱した章炳麟(章太炎)、張謇らと中華民国連合会(後の統一党)を組織している。4月、臨時大総統に就任した袁世凱から、改めて江蘇都督に任命される。5月、統一党は民社と合併して共和党となったが、程徳全は章太炎と不和になり、共和党から離党した。

1913年(民国2年)の二次革命(第二革命)では、程徳全は江蘇省の独立を宣言した。しかし、まもなく上海に赴くなどして、実際の活動は乏しかった。同年9月、二次革命の敗北とともに、江蘇都督を辞任した。これにより政界から引退し、以後は上海で仏門に入った。

1930年(民国19年)5月29日死去。享年71。

参考文献編集

  
先代:
達桂
黒竜江将軍
1905-1907
次代:
-
先代:
段芝貴
黒竜江巡撫
1907-1908
次代:
周樹模
先代:
唐紹儀
奉天巡撫
1909-1910
次代:
-
先代:
宝棻
江蘇巡撫
1910-1911
次代:
張勲
   中華民国北京政府
先代:
(創設)
江蘇都督
1911年11月 - 1913年9月
次代:
張勲