メインメニューを開く

立川 笑二(たてかわ しょうじ、1990年11月26日 - )は落語立川流所属の落語家である。沖縄県読谷村出身。本名は知花 弘之(ちばな ひろゆき)。出囃子は『てぃんさぐぬ花』。基本は古典落語だがアレンジ色が強い。

立川 笑二たてかわ しょうじ
立川 笑二
丸に左三蓋松は、立川流定紋である
本名 知花 弘之(ちばな ひろゆき)
生年月日 (1990-11-26) 1990年11月26日(28歳)
出身地 日本の旗 日本沖縄県読谷村
師匠 六代目 立川談笑
名跡 1. 立川笑二(2011年 - )
出囃子 てぃんさぐぬ花
活動期間 2011年 -
活動内容 落語家
所属 落語立川流

目次

来歴・人物編集

沖縄県で読谷高校卒業までを過ごした後、2009年4月に吉本総合芸能学院(NSC・大阪校、32期)に入学。2011年6月、高校時代からの憧れだった落語家を目指し6代目立川談笑に入門する[1] 。前座名、笑二(しょうじ)。談笑の2番弟子で、1番弟子は立川吉笑2014年6月、入門から3年で二ツ目に昇進する[1]

現役落語家の中で唯一の沖縄県出身者。古典落語のしゃべりの達者さに加え、古典落語に現代的な笑を加えた芸風で笑を取れ、評論家・広瀬和生や落語家内からも評価が高い。

略歴編集

メディア編集

出典編集

参考文献編集

外部リンク編集