メインメニューを開く

吉本総合芸能学院(よしもとそうごうげいのうがくいん)は、吉本興業1982年昭和57年)(東京校は1995年平成7年)[1])に創立した、主に新人タレントを育成する目的で作られた養成所通称NSC(エヌエスシー)(New Star Creation)である。

目次

概要編集

入学資格は中学校卒業(あるいは卒業見込)以上としている。

大阪校第1期生のダウンタウンを初めとして、数多くのお笑い芸人やタレントを輩出している。卒業後、多くの生徒はよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属となるが、よしもとを退所し、他の芸能事務所へ移籍して活動を続けている者も多くいる。

中退者や中途入学者も卒業後は他の卒業生と同期(芸歴に差はないもの)として扱われる。しかし大阪校や名古屋校では過去に1年2期制の時期があり、「よしもと内では厳密に言えば半年先輩・後輩」というように活動開始時期が重んじられる場合と、「年単位で言えば同期」というように他事務所所属のタレント同様に扱う場合がある。

歴史編集

吉本における養成所の歴史は、戦前1938年頃に漫才作家の秋田實(吉本文芸部所属)が新設した「漫才道場」に始まる。講師には奇術研究者であった保田春雄、漫才作家の長沖一らがいた、秋田Aスケ・BスケのAスケ等を輩出したが、1941年に秋田が新興キネマ演芸部に移ったことにともなって閉鎖になった。戦後では吉本新喜劇で研究生を募集し、岡八郎藤井信子といったスターを生み出している。

NSC開講の契機になったのは、1980年頃の漫才ブームである。NSCの初代校長・冨井善則は「漫才ブームが起こって開講を考えた。ブームで出た漫才師はセンスも違っていた。紳竜なんて、われわれの考えていた漫才を超えていた。そこで若いお客さんが欲している感覚の芸人を育てないとアカンと思った」と創設の経緯を話している[2]。冨井はまた、師匠連が経済的理由から弟子を取らなくなり、タレントの供給源が枯渇しつつあったことも影響したと語っている[3]

なんばグランド花月がまだボウリング場だった頃、1階にあったゲームセンターの一角を教室として板で囲ってNSCは誕生した[4]。当時の入学金は3万円、月謝は1万円であった。

赤字でスタートした1期生は70人[3]とも90人[2]ともいわれる。第1期のカリキュラムは、一般講義のほか、漫才、コント、発声練習、ジャズダンス、演技、殺陣フラメンコ日本舞踊などの実技授業から成った[4][3]。特に実技授業は生徒にとって、お笑い芸人になるにあたって直接無関係なもので、とりわけジャズダンスは不興を買った[4]。この頃は確たる教育方針が決まっておらず、何を教えていいのか吉本の誰もよく分かっていなかったという[4]。しかしその後ダンスを積極的にイメージ作りに取り入れた吉本印天然素材や、ダンスをコントなどに取り入れている芸人も少なくないことから、現在はダンスが芸人としての活動に無意味・無関係ではなくなっている。

1期生は以降のNSC存続のため、スターを生み出さなければいけないという会社の至上命令があり、ダウンタウン、ハイヒール、トミーズ、銀次・政二の4組を主に、新人ゴリ押し作戦が行われた[4]。生徒は在学中は2、3ヶ月に一度にNSC寄席を開き、卒業後は定期的に新作漫才や芝居のイベントに出演した。

NSCが出来た事によって、芸人を目指す間口が広がったと同時に、従来の師匠連も弟子を取りやすくなった。その反面これまでの「師匠と弟子」という関係に見られた上下関係の躾、芸人となる覚悟を持つ者が減り、NSC出身者を気嫌う芸人も居た。対してNSCではこれまで師匠が弟子に教えていた「芸能界のしきたり」も授業の一環に取り込み、NSC出身者が芸人の世界に違和感なく溶け込めるよう配慮していた。また笑福亭仁鶴のように、自ら多くの弟子を持ちながら、NSCの入学者に対して激励を送る師匠もいた。また吉田ヒロのように、NSCを卒業した後に、先輩芸人に弟子入りしたケースもある。

1988年、ダウンタウンの『4時ですよーだ』出演による人気の影響で、この年(7期生)から入学希望者が飛躍的に増えた。

1990年、9期生の宮川大輔矢野勝也は中途入学であり、岡村隆史矢部浩之や15期生の西田幸治らは中退している。

卒業資格自体がないので、出席日数に関係なく卒業は出来る。その為中退は学費の滞納以外では発生しておらず、月謝時代には大量の中退者がいるものの、学費が入学時全納になってからは途中から出席しない者は多数いるが、中退はいない。

1992年第二次ベビーブームの時期と重なり入学希望者が増え約800人が入学し約400人が合格した。教室クラスも高卒組と、大学生社会人組の2組に分けられた。

かつては入学希望者に対して24歳までという年齢制限を設けていたが、以降年齢制限を設けなくなった。

2005年、インターネットを介した通信講座を開講するも、翌2006年2月28日をもって閉講された。

2011年、大阪34期・東京17期より、年度末に東西で開催される「NSC大ライブ」の優勝者が優先的に仕事を割り振られる「首席」制度が設置された。

2018年4月、福岡校開校。5月、2011年から設置していたよしもと沖縄エンターテイメントカレッジ(YOEC)を沖縄校として改組。

2019年4月、2005年に閉講していた仙台校、名古屋校、広島校が復活。

大阪校編集

13期(1994年4月期)から20期(1997年10月期)までは4月入学と10月入学の2期制
34期以降の太字は首席卒業者

著名な出身者
1 1982 4 ダウンタウンハイヒールトミーズ内場勝則前田政二濱根隆杉本美樹おかけんた岡田和幸山田幸伸、ダービー原(元ザ・ポテト)
2 1983 4 吉田ヒロボブキャッツ)、岩瀬雄大(ボブキャッツ)、角孝人、中川明己(ルネッサンス)、梅田充茂(ルネッサンス)、太平かつみきびのだんご
3 1984 4 有松たかし大会
4 1985 4 今田耕司130R桂茶がま
5 1986 4 辻本茂雄亀山房代前田勝ぜんじろう
6 1987 4 月亭方正てんつくマン田中章
7 1988 4 雨上がり決死隊なるみ高山トモヒロ安尾信乃助たかおみゆき河本栄得矢部美幸コラアゲンはいごうまん
8 1989 4 千原兄弟FUJIWARAバッファロー吾郎なだぎ武大山英雄、白川悟実(テンダラー)、チャンス大城宮本たつみダイオウイカ夫石野桜子あんどう鰐松村博司
9 1990 4 ナインティナイン宮川大輔星田英利へびいちご矢野・兵動川畑泰史杉岡みどり竹内ゆうじ
10 1991 4 メッセンジャー桂三度お〜い!久馬ザ・プラン9)、松本真一ハスミマサオ南郷伯爵博多ヒト志オモロー山下後藤秀樹
11 1992 4 中川家陣内智則たむらけんじケンドーコバヤシ、堂土 貴(ルート33)、ユウキロックおおうえくにひろたいぞう烏川耕一原田専門家村越周司デジタルケイタハリウッドザコシショウ野々村友紀子みのなが
12 1993 4 小籔千豊COWCOW土肥ポン太2丁拳銃鈴木つかさ松本秀樹やまだともカズ堀由史、富士彦(元:おはよう。)、さだ尻谷よしひろ
13 1994 4 ブラックマヨネーズ徳井義実チュートリアル)、次長課長野性爆弾、マスダ ヒロユキ(ルート33)、くわばたりえ藤井ペイジイーグル溝神超新塾)、タイガー福田(超新塾)、サンキュー安富(超新塾)、諸岡立身奈須崇桝本壮志オパヤン藤田愛三浦誠己谷口大二
14 10 フットボールアワーコカドケンタロウロッチ)、カネシゲタカシ国崎恵美こはる、木田智之
15 1995 4 西田幸治笑い飯)、ブー藤原(超新塾)、元・ランディーズ中川貴志高井俊彦)、清水けんじ(元:フロントストーリー)、元:ストリーク山田スタジアム・吉本峰之-解散)、元:チャイルドマシーン山本吉貴樅野太紀)、デッカチャン伊賀健二烏龍パーク前すすむ
16 10 中岡創一(ロッチ)、浅越ゴエ(ザ・プラン9)、中恭太なぎさコウカズヤ
17 1996 4 青空ヤナギブソン(ザ・プラン9)、バイきんぐゴリけん、おぐ(ロビンフット)、西麻布ヒルズチャーミングじろうちゃん
18 10 ファミリーレストラン風藤松原、えとう窓口(Wエンジン)、浜辺のウルフ
19 1997 4 加藤貴博(チャド・マレーン)、菊竹進、田中匡(トライアングル
20 10 麒麟ツーナッカンアジアンソラシド、町田星児(ヘッドライト)、西科仁
21 1998 天津レギュラー、村田秀亮(とろサーモン)、元:カナリア安達健太郎ボンざわーるど)チャド・イアン・マレーン(チャド・マレーン)、毛利大亮(ギャロップ)、レアレア、山本正剛(BAN BAN BAN)、植松哲平(元:シュガーライフ)、ザ・ワールド斎藤紳士佐橋映美キッチンパーク
22 1999 ダイアンキングコング山里亮太南海キャンディーズ)、村本大輔(ウーマンラッシュアワー)、なかやまきんに君ネゴシックス、久保田かずのぶ(とろサーモン)、中山功太、林健(ギャロップ)、ミサイルマンスーパーマラドーナ、グッピーこずえ、七世一樹ひのひかり智丸尾ユウキャン、梶剛(元・アイスクリーム
23 2000 友近チーモンチョーチュウ勝山慎司、西森洋一(モンスターエンジン)、ガリガリガリクソン、中川パラダイス(ウーマンラッシュアワー)、三浦マイルド、市川義一(女と男)、ナオ・デストラーデ(湘南デストラーデ)、おいでやす小田ビコーン!今別府直之小米良啓太(夫婦円満)、ジャンふじたに太田芳伸吉田裕ボス水野
24 2001 エハラマサヒロ若井おさむイシバシハザマかんざき、和田美枝(女と男)、小笠原まさやクレヨンいとう
25 2002 秋山賢太(アキナ)、ジャルジャルプラス・マイナス銀シャリクロスバー直撃ヒューマン中村グイグイ大脇森田展義新名徹郎ハロー植田カズマ・スパーキンナゲット村井信濃岳夫安井まさじ西山裕大もりやすバンバンビガロじゅんぺい、【以下他事務所等】梅木(ハニートラップ
26 2003 山名文和(アキナ)、和牛藤崎マーケットかまいたち天竺鼠、八十島(2700)、ビタミンS河井ゆずるアインシュタイン)、バイク川崎バイク守谷日和キューティー上木ベイビー谷本帽子屋お松月亭太遊マリッジブルーこうもと森プロジェクトハギノ・リザードマン加藤誉子シオマリアッチセンサールマン清水啓之門脇聡子
27 2004 諸見里大介、ツネ(2700)、GAGいがわゆり蚊ツジカオルコ近藤貴嗣みっとしージュリエッタタナからイケダトットくぼてんきもじゃ吉田Dr.ハインリッヒたけだバーベキュー【以下他事務所等】高田健志JPパニーニ武田裕司(キズナ)、八木(ハニートラップ
28 2005 祇園稲田直樹(アインシュタイン)、すゑひろがりずラフ次元キャンパスボーイ、井下昌城(井下好井)、パンヂー陳中山女子短期大学、【以下他事務所等】ニュークレープロングロング、清水誠(キュウ)、楢原真樹(ヤーレンズ)、舘野忠臣(ネコニスズ)
29 2006 吉田たちコマンダンテ見取り図金属バットもりすけ、川口敦典(てんしとあくま)、わんだーらんどワタルwithオカンヘンダーソンジソンシンメンバーデルマパンゲ、【以下他事務所等】山元康輔(ネコニスズ)、出井隼之介(ヤーレンズ)
30 2007 令和喜多みな実アイロンヘッド尼神インターバンビーノダブルアート光永櫻井里佳、津田康平(マルセイユ)、宮本和幸(スカチャン)、欅 晶裕ニメートルズ)、ツートライブTHIS IS パン、ゆきえ(シャインハッピー)、しげみうどん(キャタピラーズ)、美たんさん、カバ爆ノ介、フィーバーゆうじろう
31 2008 セルライトスパインディアンスロングコートダディ、西澤式部、サンドロップ、江城豪(ニメートルズ)、はぎちゃん(シャインハッピー)、山本プロ野球(シカゴ実業)、シゲカズです、中島女の子(日本クレール)、マイスイートメモリーズ
32 2009 別府貴之(マルセイユ)、白井伸大(大自然)、辻クラシック(ニッポンの社長)、武者武者鱒之介ザ・キーポイント、小野竜輔(ダイヤモンド)、ジュゴン、さかもと(キャタピラーズ)、中川ひちゃゆき(シカゴ実業)、クレメンス、パーティーパーティー、隣人、松下慎平(テンポイント)【以下他事務所等】どんぐりパワーズ
33 2010 コロコロチキチキペッパーズZAZY(竜崎(ジョニー))、マユリカ、ケツ(ニッポンの社長)、きみどり男性ブランコしゃかりきヒガシ逢ウサカキンニクキンギョビスケットブラザーズkento fukaya、清友、絶対アイシテルズ、堀川絵美、稲田美紀(紅しょうが)、ゴメス直樹、秋定遼太郎(滝音)、チャリンコクラブ、田舎はるみ(おばけザウルス)、伊丹祐貴、アポロン山崎【以下他事務所等】どんぐり
34 2011 えんぴつ消しゴム(解散)、馬と魚蛙亭恵梨華岡本蓮石橋洋貴、上田だう(きんめ鯛)、さや香、なにわスワンキーズ、ポートワシントン、エンペラー、村一番、トニオツインターボ、佐土原さすけ(滝音)、テコンドー近藤(センリーズ)【以下他事務所等】ファイヤーサンダー、ちぐはぐ、岩村(ハニートラップ
35 2012 ゆりやんレトリィバァ、ほんでもって、ラニーノーズぬゅぬゅゅゆゅゅゅゅゅガンバレルーヤ濱田祐太郎、熊元プロレス(紅しょうが)、みーとバイバイ、電氣ブラン、からし蓮根コウテイ、ロックンロールブラザーズ、田津原理音、やまぐちたけし、ピュアピュアズ、ノブナガ、橋爪アキラ、安田圭介、エジソン、イノシカチョウ
36 2013 8.6秒バズーカー、プードル、ダブルヒガシ、ちからこぶ、真輝志(きんめ鯛)、きむらバンド(たくろう)、カベポスターサンパウロ(解散)、バニラボックス、バッテリィズ、職人、本間圭、ディープ・キッス、丸亀じゃんご、後藤祐太(テンポイント)、トノサマピエロ、オダウエダ、ラテンソウ、ラングレン、カンタービレ
37 2014 セブンズセンス(解散)、戎(解散)、赤木裕(たくろう)、ガーヤマちゃん、チャンプチョップ、生ファラオ、斜に噛む、ラフメイカー、パラクラッチ、島田航也、戦士 、らららら、上茶谷雄一、サバク、のらりくらり、ばくぼん(大島)、磯本五段、ライムスライム、ミティー
38 2015 マイマイジャンキーフースーヤカスターニャtantan!!、みどりラベル、センセーション、アックスボンバー、ネイヴィベイビー、アンビシャス、相乗効果、天才ピアニスト、シックスパッカー、ぼく大統領、有瀬和、みうピロ、ポストイットπ、KANAIWA、あゆエルフ、パープル、9番街レトロ
39 2016 山ノ内爛々、いつもたいしゃ、アメダマ洗浄器、アンリミテッドプリパレーション、 かまたあたん、リアル、タレンチ、オリハルコン、オレンジロード、がんこちゃん、ちーぼー、せなちゃっとふぁいやー、私と社長、ウォンテッド、ワルクスフォーゲン
40 2017 ポップマン 、ロールキャベツ団地、ジャービス、ねこ屋敷、三好ユウダチ、アングリーメン、ウォルト
41 2018 しんや、ときヲりぴーと、タイムキーパー、五臓六腑、オノマトペ、ファンファーレと熱狂、ジャムリボン、イッセイフウビ、ルサンチマンズ、逆襲机、ハイツ友の会、大仏マブシ、スイメンカ、島ちょ、ハッスルピエロ

大阪女性タレントコース編集

東京校編集

(17期以降の太字は首席卒業者)

著名な出身者
1 1995 品川庄司ハチミツ二郎東京ダイナマイト)【以下他事務所等】日野誠浜ロンゆうき(ヒデヨシ)
2 1996 松田洋昌(ハイキングウォーキング)、ガリットチュウ関暁夫ギンナナ佐久間一行くまだまさしキートンしんじカートヤング【以下他事務所等】吉高寿男
3 1997 トータルテンボスキクチウソツカナイ。永井佑一郎はいじぃ【以下他事務所等】山田ルイ53世(髭男爵)、西条みつとしAMEMIYAサイクロンZまん☆だん太郎市井昌秀(中途退所)
4 1998 ロバート森三中椿鬼奴POISON GIRL BANDインパルスオコチャあっぱれコイズミ
5 1999 平成ノブシコブシピース三瓶大西ライオンラフ・コントロール、遠山大輔(グランジ)、とくこ5GAPキシモトマイ【以下他事務所等】花香よしあき、江波戸邦昌(オテンキ)、渡辺隆(錦鯉)、小田祐一郎(だーりんず)、キャンヒロユキ
6 2000 とにかく明るい安村、佐藤大(グランジ)、五明拓弥(グランジ)、ものいい上村愛ピクニックげんきーずペレ草田、けんじる、玉代勢直(オリオンリーグ)、すーなか(怪獣)【以下他事務所等】岩崎う大かもめんたる)、浜田もり平(はまこ・テラこ)、ロングサイズ伊藤(や団
7 2001 もう中学生LLRこがけん竹内健人(怪獣)、ですよ。てつみちジンギスキャンぺんぎんナッツ、堀川剛(オリオンリーグ)【以下他事務所等】ウメ、吉間洋平(ペンギンズ)、新道辰巳(馬鹿よ貴方は)、クレオパトラ、木村直博(まめのき)、ピカソ利光
8 2002 スリムクラブ尾形貴弘パンサー)、ジョイマンこりゃめでてーなデスペラードシューレスジョーセブンbyセブンキャベツ確認中おにぎり鮫島博己(BAN BAN BAN)、シャバダバふじ黒ラブ教授長崎亭キヨちゃんぽんぶんぶんボウル高校ズヤスタケ、MASA(THE だいじょぶズ)、ゲンセンシホウセン、オジョー【以下他事務所等】平井“ファラオ”光(馬鹿よ貴方は)、岡本亮(湘南デストラーデ)、エル上田(エル・カブキ)、ミヤシタガク三遊亭鳳月こじらせハスキーカシスプリン立川只四楼、スガモ智之、ヤムちゃん嶋川武秀(母心)
9 2003 ハリセンボンしずるアイパー滝沢(元:えんにち)、ゆったり感囲碁将棋ライスサルゴリラ松橋周太呂(元:ジューシーズ)、シンガリみのるチャチャチャ♪天狗オオカミ少年菅良太郎(パンサー)、こてつバクコメ出雲阿国ボヨンボヨン【以下他事務所等】鬼龍院翔ゴールデンボンバー)、芝大輔(モグライダー)、海山昆布マリリンジョイおりがみ
10 2004 オリエンタルラジオトレンディエンジェルはんにゃフルーツポンチインポッシブル、DH億、坂口真弓(怪獣)、かたつむりアジアントール、島居俊介(シマッシュレコード)、暗黒天使GO!皆川太田拓郎(からくりタンバリン)、ぁみ(ありがとう)ストロベビー、うるとらブギーズ【以下他事務所等】森田まさのり、有松たかし大会、あかつこいとちくわ、モンローズ、ふーみん
11 2005 エド・はるみ向井慧(パンサー)、チョコレートプラネットシソンヌ、好井まさお(井下好井)、タモンズ夫婦のじかん上原チョーパンプキンズまりこイチキップリンアンダーエイジ、嶋田修平(シマッシュレコード)、細野哲平(ありがとう)、斉藤マサツグ(ねたのおにいさん)、舛方一真(ロカカカ)【以下他事務所等】シューマッハペリカン電撃ネットワーク)、濱津隆之
12 2006 渡辺直美ジャングルポケットウエスP御茶ノ水男子ジェラードンキューティーブロンズアンカンミンカンまっかちん、ラビッツ、バックスクリーン、あみもと(ちゅ~りっぷ)、モリオハザード、脇田球場(シシガシラ)、橋山メイデン、チョッキGT5000【以下他事務所等】曇天三男坊ランジャタイ松本准平マスオチョップ
13 2007 田畑藤本ボーイフレンドピスタチオ、山崎恵(相席スタート)、ダイス、中川新介(ダブルウィッシュ)、たつろう(LOVE)、阿部直也三本スゲユウタ、ヤジマリー。(スカチャン)、タカタ学園スタジオカドタ、ルミか、三浦二郎、ワッフル長谷部、むとパン(ピンタンパン)、浜中英昌(シシガシラ)、姫ちゃんTEAM BANANAぶんごツクロークン、おこめちゃん【以下他事務所等】トリグミ、アモーレ橋本(橋本まさを)
14 2008 ダイタクネルソンズ、りんたろー。(EXIT)、あわよくば、山添寛(相席スタート)、かじがや卓哉いっすねー!山脇スパイク、THE GREATEST HITS、廣瀬優、○○渡辺、カゲヤマ、奥村邦義(LOVE)、ほのまるオヤカタくんあいすけ、ラストピアス【以下他事務所等】ゴッホ向井ブルー、バベル、元祖いちごちゃん、あめちゃん、ふんわりポニー
15 2009 デニスマテンロウ西村ヒロチョ鬼越トマホークおかずクラブ横澤夏子ニューヨークビスケッティ、顔色よろしわろし、TOKU、TEAM近藤、てのりタイガー、Everybody、リンダリンダ、さんきゅう倉田(ロカカカ)、野澤輸出(ダイヤモンド)、りんご亭アップル、関谷風次(裏切りマンキーコング)、澤井俊幸(あかもん)【以下他事務所等】カナメストーン、リクロジー、きみきみエッグ矢沢三人合わせて星野です(パーパー)、金子賢太朗、大楽絢太、立川談洲、竹本カズキ(ポップライン)、きみえ
16 2010 しゅんしゅんクリニックPゆにばーすランパンプスベン山形サンシャインスクールゾーンやさしいズダンビラムーチョ、入間国際宣言、すし佐々木キンボシ、エンドウコウキ、バビロン、西澤佑太郎(裏切りマンキーコング)、スイーツなかの、カラタチ【以下他事務所等】中島翔子
17 2011 ラフレクラン空気階段すごい論スカイサーキット雨野宮将明、まんじろう、ワラバランス、ゲオルギー、オズワルド、ガーリィレコードスパイシー坊や、ヌマンズ、侍スライス、えりんぎ、チキンナンゴー、五條翼、サリバン、恥マシーン、くらげ、フルフラット【以下他事務所等】浅川琴音(大吟嬢)、はっしー(ソノヘンノ女
18 2012 おばたのお兄さん猫塾レインボーひょっこりはん、スイラン、コロナクラウン、そいつどいつ、ぱろぱろ、ホープマンズ、ドッチモドッチ、ながのやすあき(ミシェル)、あつひろ、悠(エレガント人生)、祥子(エレガント人生)、山口おべん(あかもん)
19 2013 フルフロンタル、兼近大樹(EXIT)、おーみ、ザ・シーツ、クローバー、湘南パイプキャッツ、いまさらジャンプ、赤嶺総理、世間知らズ、ゴールドバーグ、ジャンゴ、ゆめっち(3時のヒロイン)、ドーナツ・ピーナツ、たかぎゅう(エレガント人生)
20 2014 ブッダマリアブラゴーリ、シークエンスはやとも、サンジェルマン、ラタタッタ、しんぼる、かなで(3時のヒロイン)、白珠イチゴ、たんちゃん(ピンタンパン)、たかぴん(ピンタンパン)、品ちゃん、ハナイシゴロー、アグリー、あかね
21 2015 マサルコ、不思議なタンバリン!!しみったれるな、天龍、ネイチャーバーガー、衝撃デリバリー、二匹、りんご亭パイナップル
22 2016 ナイチンゲールダンスバガリア、そいそ〜す、すぐる画伯、まんぷくユナイテッド、プール、太朗(ナミダバシ)、かざみどり、純白パリジェン、ステファニー、マスターナンバー
23 2017 令和ロマン人印、花ちょうちん、シドニー、橙感、せみほたる、今野一輝(ミシェル)、ほるもんズ、サンタモニカ、ガララーガ、桐生ザベスト、マンモス南口店、東京とかげ
24 2018 金魚番長、そのこ、ベストコンディションズ、ハンサムトンカチ、リスキーズ、珍街道、ササタニ、セイゴマン (ウィスキー)

東京校通信講座(2005年 - 2006年)編集

2005年、インターネットを介した通信講座を試験的に開講するも翌2006年2月に閉講した。

通信出身者、蓮華

名古屋校( - 2005年)(2019年 - )編集

(1997年から閉校までは4月入学と10月入学の2期制)

著名な出身者
1 1993 タックイン
2 1994 スピードワゴンスギちゃんボルサリーノ澤原宣之
3 1995
4 1996 ゲッターズ飯田
5 1997 4 オレンジザブングル
8 1998 松本りんす(だーりんず)
9 1999 4 吉村憲二(ブロードキャスト!!)
11 2000 4 房野史典(ブロードキャスト!!)
12 10 それいけ斉藤くん
15 2002 4 かめ島祐也(ブッダマリア)、ゴンゾー吉富Aボタン露の團姫
17 2003 4 ミリオンナイツ

広島校( - 2005年)(2019年 - )編集

著名な出身者
1 2002 ちゅ~りっぷ前迫.、フリータイムボールボーイフロントラインあかぼし☆こぼしランス39号土生智子吉長美鈴
2 2003 ヤマカ、松本貴明(藩飛礼

閉校していたが、2019年4月再び開校し3期生が入学。

岡山校( - 2005年)編集

著名な出身者
1 2003 ゆるえもんシンプソンズリンクアップとっしー、初瀬悠太(ななまがり

仙台校( - 2005年)(2019年 - )編集

特に無し

サンドウィッチマン富澤たけしは仙台校への所属を目指してアマチュア活動をしていたが、実現前に吉本が仙台から撤退してしまった。しかし、2019年4月から再び開校することが決定した。

沖縄校(2018年 - )編集

脚注編集

  1. ^ 東京校は2007年平成19年)7月東京都品川区西大井から東京都千代田区神田神保町移転した。
  2. ^ a b スポーツニッポン、2012年3月3日25面
  3. ^ a b c 読売新聞大阪本社文化部(編)『上方放送お笑い史』 読売新聞社、1999年 pp.363-367
  4. ^ a b c d e スポーツニッポン、2012年3月4日28面

関連項目編集

外部リンク編集