立花 種長(たちばな たねなが)は、筑後国三池藩の第2代藩主

 
立花種長
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 寛永2年(1625年)8月
死没 宝永8年2月1日1711年3月19日
改名 仙千代(幼名)、種長、道運(号)
別名 弥七郎
戒名 寿徳院殿泰叟道運大居士
墓所 福岡県大牟田市今山の法輪寺
官位 従五位下和泉守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家光家綱綱吉
筑後三池藩
氏族 立花氏
父母 立花種次佐久間勝之の娘・青樟院
兄弟 種長種世立花宗茂養女
正室市橋長政の娘・浄光院
継室小出吉英の4女・高岳院
種明種澄三原種義種久種要正明屋山宗之、玉泉院、屋山孟貞養女ら8男7女
テンプレートを表示

生涯編集

寛永2年(1625年)8月、初代藩主・立花種次の長男として生まれる。寛永7年(1630年)、父の死去により家督を継ぐ。寛永14年(1637年)の島原の乱では幼少のため、叔父の立花忠茂が代理として出陣している。

成長してからは藩政を取り仕切り、島原の乱後から行なわれた踏絵宗門改めを強化した。さらに三代官制を五代官制に改めて農民統制を強化した(承応元年(1652年)に三代官制に再編)。その一方で家臣・平塚信昌を重用して早鐘地を築き、通水用の早鐘眼鏡橋(国の重要文化財)を架橋するなど、藩政の確立に尽力した。万治3年(1660年)、12月28日に従五位下、和泉守に叙任する。

天和2年(1682年)2月27日、長男・種明に家督を譲って隠居し、道運と号した。宝永8年(1711年)2月1日に三池で死去した。享年87。

系譜編集

子女は8男7女