立花 鑑虎(たちばな あきとら) は、江戸時代前期の大名筑後国柳河藩3代藩主。第2代藩主・立花忠茂の四男。母は伊達忠宗の娘で江戸幕府将軍徳川秀忠の養女として嫁いできた法雲院。正室は本多康長の娘。

 
立花鑑虎
Tachibana Akitora.jpg
立花鑑虎像(福厳寺蔵)
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 正保2年11月15日1646年1月1日
死没 元禄15年6月23日1702年7月17日
改名 勝千代(幼名)、直茂、廣茂、鑑茂、鑑虎、英山(号)
別名 大助(通称)、広茂
戒名 雪峰院殿英山性俊大居士
墓所 霊明寺
官位 従五位下左近将監従四位下飛騨守侍従
幕府 江戸幕府
主君 徳川家綱綱吉
筑後国柳河藩
氏族 立花氏
父母 立花忠茂徳川秀忠養女鍋姫
兄弟 千熊丸、小野真俊室、茂虎鑑虎
輝千代、茂辰永井尚房正室、矢嶋茂堅由布惟長室、貞晟立花鎮信室、呂久姫、矢嶋虎重
本多康長娘真光院
千熊丸、小出英益継室、鑑任、岩次郎、
小野隆幸[1]室、呂久姫
テンプレートを表示

幼名は勝千代、通称は大助。号は英山。は初名が直茂で、次いで廣茂、鑑茂、鑑虎[2]とした[3]

生涯編集

正保2年11月15日1646年1月1日)に江戸にて生まれる。

万治元年(1658年)4月19日、将軍徳川家綱に初めて拝謁。万治2年(1659年)12月27日、従五位下に叙され、翌日、左近将監に任じられた。

寛文4年(1664年)閏5月7日、父の隠居により家督を継ぐ。12月27日、従四位下に昇格した。翌年に初めて領国に下り、宗門改めを始め、さらには領内の検地を行なって家中には倹約を命じるなどして、藩の安定化に努めた。

寛文10年(1670年)、毛利家預かりとなっていた甲府藩家老大田吉成親子を柳河藩で預かる。

寛文12年(1672年)、父により幽閉された庶兄の茂虎の不遇を憂い、領内山門郡中山村に采地を与えて、延宝3年(1675年)に父が死去した翌年(1676年)にはさらに加増した。

延宝4年(1676年)12月12日、飛騨守に改められる。元禄5年(1692年)12月18日、侍従に改められる。

元禄9年(1696年)7月4日、隠居して家督を次男の鑑任に譲り、翌日には剃髪して英山と号した。

元禄10年(1697年)に普請方の田尻惟貞(惣助)に命じて総面積約7,000坪の集景亭という別邸を構えて、遊息の地とした。集景亭は後に、会所や御花畠を経て、現在の立花氏庭園となる。

元禄15年6月23日1702年7月17日)に柳河にて58歳の生涯を閉じた。葬所は鑑虎が 開基した霊明寺。

官位履歴編集

  • 万治2年12月27日(1659年) - 従五位下に叙任。
  • 寛文4年12月27日(1664年) - 、従四位下に昇任。
  • 延宝4年12月12日(1676年) - 飛騨守に転任。
  • 元禄5年12月18日(1692年) - 侍従に兼任。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 柳河藩士。
  2. ^ 「虎」字は祖父・宗茂の旧名に由来し、兄・茂虎も用いている。
  3. ^ 尚、「鑑」の字は、かつて立花鑑載立花道雪(戸次鑑連)が主君大友義鑑より賜った字であり、鑑虎が使用して以降、現在に至るまでこの立花氏通字として用いられるようになっている。

参考文献編集