メインメニューを開く

竜 剛馬(りゅう ごうま、1982年1月13日 - )は、日本プロレスラー弁護士。プロレスラーとしてはプロレスリングBASARA所属。弁護士としては弁護士法人仁平総合法律事務所を経て、弁護士法人Next所属(司法修習65期、横浜弁護士会)[1][2]神奈川県横浜市出身。戸籍名は川邊 賢一郎(かわべ けんいちろう)で、リングネームは剛竜馬に顔が似ていたためアナグラムとして名づけられた[3]。いわゆるオマージュレスラーであり、デビュー当初はギミック上の本名も剛(八木宏)と一時違いの「八本宏」だったが、弁護士活動するに当たり戸籍名を公開した。

竜 剛馬
竜 剛馬の画像
プロフィール
リングネーム 竜 剛馬
本名 川邊 賢一郎
ニックネーム 司法闘人
身長 170cm
体重 76kg
誕生日 (1982-01-13) 1982年1月13日(37歳)
出身地 神奈川県横浜市
所属 プロレスリングBASARA
スポーツ歴 学生プロレス
デビュー 2005年11月3日
テンプレートを表示

目次

経歴編集

中学3年のときに社会科見学で裁判を傍聴したのがきっかけで弁護士を目指し、栄光学園高等学校を経て、東京大学法学部に進学[3]

元々プロレスファンであったが、学生時代に一橋大学を母体とするプロレスサークルHWWA(一橋大学世界プロレスリング同盟)から勧誘を受け学生プロレス入りし、卒業後の司法浪人中に先輩から誘われてユニオンプロレスに入団[3]

2005年11月3日、新木場1stRING大会における趙雲子龍戦でデビュー。

2009年8月30日、本家本元である剛竜馬とタッグを結成。

2011年5月、3度目の司法試験で合格。

9月19日、研修生期間の兼業禁止のため休業。

2013年3月6日、元ユニオンの大家健が設立した「ガンバレ☆プロレス」のプレ旗揚げ戦に来場し、旗揚げの是非を決めるジャッジを行った[4]

4月5日、新木場大会で復帰戦をデビュー戦と同じ趙雲子龍と行い、日本初の弁護士レスラーとなった。DDTグループの顧問弁護士も務めておりDDTドラマティック総選挙の選挙管理委員も務めている。

2016年、プロレスリングBASARAに移籍。スーツを新調した。

得意技編集

  • ジャンピングネックブリーカードロップ
  • 六法クラッチ
  • 六法全書による殴打

タイトル歴編集

  • 世界アイポケ級王座(第4代)

出演編集

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ COMPANY of 仁平総合法律事務所”. 仁平総合法律事務所. 2013年10月1日閲覧。
  2. ^ 弁護士法人Next 公式サイト|支店一覧・弁護士紹介”. 弁護士法人Next. 2015年3月5日閲覧。
  3. ^ a b c 弁護士兼プロレスラーが語る「法廷と試合の共通点」”. 日刊SPA!. 2013年10月1日閲覧。
  4. ^ 2013年03月06日(水) 【ガンプロ3・6リポート】色々あって4・17新木場で旗揚げ”. 株式会社DDTプロレスリング. 2013年10月1日閲覧。
  5. ^ 【DDTvsサイバーエージェント路上プロレス-男色死亡遊戯-のまとめ】サイバーエージェント社内で3時間に渡って繰り広げられた大スペクタクル路上プロレス! 各階にいた敵を倒し、藤田社長の唇にあと一歩まで近づいたディーノだが…!/武藤、初の路上プロレスでリップロックの餌食に!/竹下は鳥羽を垂直落下式ブレーンバスターで仕事用デスクに叩き付ける!/メインMCのジャンポケ斉藤がまさかの裏切り!/イサミと葛西が備品を壊しまくりのハードコアマッチ!/遠藤が社内でシューティングスター! 社員さんのお金と豊本マネーでDAMNATIONを買収/村上がササダンゴと騒音防止デスマッチ!/赤井&山下は学力勝負で竜&才木に完敗!”. DDTプロレスリング公式サイト (2017年12月22日). 2017年12月23日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集