株式会社竹内製作所(たけうちせいさくしょ)は、長野県埴科郡坂城町に本社を置く各種建設機械を扱うメーカーである。ミニショベル(小型油圧ショベル)が特に有名で、ヨーロッパでかなりのシェアを占めている。

株式会社 竹内製作所
Takeuchi Mfg. Co., Ltd.
Takeuchi company logo.svg
種類 株式会社
市場情報
東証1部 6432
本社所在地 日本の旗 日本
389-0605
長野県埴科郡坂城町上平205
本店所在地 389-0601
長野県埴科郡坂城町大字坂城9347
設立 1963年8月21日
業種 機械
事業内容 各種建設機械
代表者 竹内明雄(代表取締役社長)
資本金 36億32百万円
発行済株式総数 48,999,000株
売上高 単独 757億33百万円
連結 852億18百万円
(2016年2月期)
営業利益 単独 144億22百万円
連結 162億22百万円
(2016年2月期)
純資産 単独 464億17百万円
連結 550億43百万円
(2016年2月期)
総資産 単独 641億12百万円
連結 772億16百万円
(2016年2月期)
従業員数 単独 419名、連結 673名
(2016年2月末日現在)
決算期 2月末日
主要株主 竹内 敏也 7.94%
日本トラスティ・サービス信託銀行 6.52%
(2016年2月末日現在)
外部リンク http://www.takeuchi-mfg.co.jp/
テンプレートを表示
Takeuchi - TB290.jpg

目次

沿革編集

ミニショベル編集

住宅の基礎工事を手作業でやっていた知人から「手ごろなショベルカー」を作ってほしいという依頼を受けたことがキッカケとなり、世界で初めてミニショベル(機械重量が6トン未満)を開発した。ミニショベルは「土木作業員のツルハシ代わり」の機械として、建設土木事業者の圧倒的な支持を得た[1]

1992年以降、OEM生産が縮小し、販売戦略の見直しをせざるを得なくなったため、海外展開を進めた。

  • 1995年 ドイツの「GP GUNTER PAPENBURG AG」と油圧ショベルの共同生産を開始。
  • 1998年 ISO9001を取得。

海外での販売は、商社は通さず、建機関連の展示会や見本市を積極的に活用し、サンプル機を出荷して、具体的な利用の場面や利便性をアピールした。また、部品の供給や修理は、現地のディストリビューターと組んだ。 米国では、日本の約2倍にも及ぶ過酷な使用条件下での実績が高く評価され、高品質なブランドを確立した。品質面での高評価が海外で圧倒的なシェアを獲得した秘訣といえる。

関連会社編集

  • TAKEUCHI MFG.(U.S.),LTD.
  • TAKEUCHI MFG.(U.K.)LTD.
  • TAKEUCHI FRANCE S.A.S.
  • 竹内工程機械(青島)有限公司

脚注編集

  1. ^ 竹内明雄 2005, p. 34-37.

参考文献編集

  • 竹内明雄「インタビュー 竹内製作所社長 竹内明雄--大手の参戦あいつぐ日本市場から海外に目を転じた。そこには市場はおろか競合商品すらなかった。」、『Venture link : ニッポンの中小企業を元気にする経営情報誌』2005年7月、 34-37頁。

外部リンク編集