竹村 彰通(たけむら あきみち、1952年4月10日 - )は、日本統計学者東京大学名誉教授滋賀大学学長。

略歴編集

1952年4月、東京都生まれ[1]

1971年3月、東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校卒業[2]

1971年4月、東京藝術大学音楽学部ピアノ科入学[3]

1972年4月、東京大学入学[4]

1976年3月、東京大学経済学部経済学科卒業[5]

1978年3月、東京大学大学院経済学研究科理論経済学経済史学専門課程修士課程修了

1982年9月、スタンフォード大学統計学部 Ph.D. 修了。スタンフォード大学統計学部 客員助教授

1983年9月、パーデュー大学統計学部 客員助教授

1984年6月、東京大学経済学部 助教授

1997年4月、東京大学経済学部 教授

2001年4月、東京大学大学院情報理工学系研究科 教授[6]

2008年、日本統計学会賞受賞[7]

2014年、日本統計学会出版賞受賞(青木敏、原尚幸との共同受賞)[8]

2015年5月、滋賀大学データサイエンス教育研究推進室教授(クロスアポイントメント)

2016年4月、東京大学を退任し名誉教授となり、滋賀大学データサイエンス教育研究センター長、教授[9]

2017年4月、滋賀大学データサイエンス学部 学部長

2022年4月、滋賀大学 学長

また、2002年9月10日~2004年9月24日には日本統計学会理事長を、2011年1月〜2013年6月には日本統計学会会長を務めた[10][11]

著書編集

  • 『現代数理統計学』創文社 (現代経済学選書 1991
  • 『多変量推測統計の基礎』共立出版 (応用統計数学シリーズ) 1991
  • 『統計』共立出版 (共立講座21世紀の数学 1997

共編著編集

翻訳編集

  • P.Flach『機械学習 データを読み解くアルゴリズムの技法』監訳 朝倉書店 2017

論文編集

脚注編集

  1. ^ トピックス | 数理・データサイエンス・AI教育強化拠点コンソーシアム”. www.mi.u-tokyo.ac.jp. 2022年8月17日閲覧。
  2. ^ 文系も理系も必須になるデータサイエンスとは 必要な知識と経験は|高校生新聞オンライン|高校生活と進路選択を応援するお役立ちメディア”. 高校生新聞オンライン. 2021年11月21日閲覧。
  3. ^ 対談 坪井賢一氏(ダイヤモンド社論説委員)× 佐和学長|滋賀大学”. www.shiga-u.ac.jp. 2019年7月26日閲覧。
  4. ^ 理徳, 花輪 (2022年3月26日). “「人生自分で変えられる」異色経歴の学部長、ピアノで卒業生祝福” (日本語). 産経ニュース. 2022年8月17日閲覧。
  5. ^ 日本人に欠けているのは統計的な「センス」と「倫理」” (日本語). ダイヤモンド・オンライン (2016年8月18日). 2022年8月17日閲覧。
  6. ^ 『現代日本人名録』2002
  7. ^ 学会賞|日本統計学会”. www.jss.gr.jp. 2019年7月26日閲覧。
  8. ^ 学会賞|日本統計学会”. www.jss.gr.jp. 2019年7月26日閲覧。
  9. ^ 外部リンク参照
  10. ^ 世界から遅れつつある日本の統計学” (日本語). ダイヤモンド・オンライン (2016年8月18日). 2019年7月26日閲覧。
  11. ^ 「歴代会長・歴代理事長」日本統計学会

外部リンク編集

先代
国友直人
日本統計学会理事長
2004年 - 2006年
次代
田中勝人
先代
美添泰人
日本統計学会会長
2011年 - 2013年
次代
国友直人