竹松 舞(たけまつ まい、1980年12月16日 - )は、日本ハープ奏者、医師

人物・来歴編集

宮城県仙台市生まれ、千葉県育ち。

音楽歴編集

幼少の頃からピアノを習い、父親のアメリカ合衆国留学に伴って渡米し、ハープと出会う。帰国後、ハープ演奏家のヨセフ・モルナールに弟子入りし、1991年に当時最年少の11歳で全日本ハープコンクールジュニア部門2位入賞を果たした。さらに1993年には優勝も経験するなど、そのハープ演奏家としての才能が開花、リリースしたCDアルバムも話題となり、クラシック音楽の演奏会にも数多く出演。

2005年から2007年3月まで、アメリカにいた経験を生かして「J-MELO」(NHKワールドで海外向けに放送する日本音楽紹介番組。2006年から国内向けでも放送)で全編英語での司会・進行役も務めた。

学歴・医師歴編集

三育学院大学附属光風台三育小学校卒業。

志学館中等部・高等部卒業、順天堂大学医学部卒業。2007年3月、第101回医師国家試験に合格。

2020年現在、ニューヨーク病院に救急救命医として勤務[1]

エピソード編集

実はロックも好き。デビュー当時、『炎』誌で酒井康と対談し、デフ・レパードが好きと語っていたが、典型的なヘヴィ・メタルは苦手らしい。自身の作品にもエアロスミス「エンジェル」、ジョン・レノンイマジン」、ビートルズノルウェーの森」「サムシング」といった曲を収録した。

ディスコグラフィー編集

アルバム編集

  1. ファイヤー・ダンス
  2. 妖精伝説
  3. 月の光/竹松舞 in パリ
  4. コンチェルト・セレナータ
  5. パヴァーヌ
  6. Zero

テレビ編集

  • J-MELO (2005年10月~2007年3月:司会者)

脚注編集

  1. ^ 「NY日本人医師「インフルとは違う」」abemaTVけやきヒルズ2020年4月1日付

外部リンク編集