竹桝 和也(たけます かずや、1954年 - )は、日本の広島県出身の元アマチュア野球選手である。ポジションは投手。苗字は竹舛とも表記されている。

竹桝 和也
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県
生年月日 1954年
身長
体重
177 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

広陵高校[1]では1971年秋季中国大会県予選決勝に進むが、広島商楠原基と投げ合い2-3で惜敗。翌1972年第54回全国高等学校野球選手権大会に出場するが、2回戦で高松一高に敗退する。1972年のドラフト会議広島から7位指名されたが入団を拒否[2]

亜細亜大学に進学するが、亜大では同郷同期の黒紙義弘がエースに定着。1年下にも矢野隆司高橋周司といった好投手がおり、東都大学野球リーグではあまり活躍の場はなかった。

卒業後は電電東京に入社するが、ここでも内田正美、森二郎らの控えにとどまる。しかし1981年都市対抗ではエースとして決勝に進み、高校以来のライバルである東芝の黒紙義弘に2-3で投げ勝ち、チーム初優勝を飾る。同大会では橋戸賞を獲得した[3][4]1982年アマチュア野球世界選手権日本代表にも選ばれた。

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集