第二次木津川口の戦い

第二次木津川口の戦い(だいにじきづがわぐちのたたかい)は、戦国時代、織田信長本願寺顕如との間で十年にわたって争われた石山合戦における緒戦の一つで、天正6年(1578年)11月6日に毛利水軍織田水軍との間で起こり、石山合戦の大局に多大な影響を与えたとされる海戦である[1]

第二次木津川口の戦い
戦争戦国時代 (日本)
年月日1578年12月4日(グレゴリオ暦)
場所木津川口
結果:織田水軍の勝利
交戦勢力
毛利水軍 Alex K Hiroshima Mori kamon.svg
村上水軍
織田水軍 Oda emblem.svg
指導者・指揮官
村上武吉[要出典] 九鬼嘉隆 Hidari mitsudomoe.svg
戦力
主に小早600隻 鉄甲船6隻
損害
2000程度[要出典] 100[要出典]
織田信長の戦い

概略編集

戦闘までの経緯編集

戦闘編集

天正6年11月6日、先の前哨戦に起因したのか或いは荒木村重の謀反に呼応[注釈 5]したのか、毛利村上水軍の船約600隻の軍勢が木津川河口を襲撃。これに対して九鬼嘉隆率いる大安宅船6隻の九鬼水軍が応戦し午前8時前後から正午にかけての海戦となった。始めのうちは九鬼水軍が囲まれ戦況は毛利村上水軍が押しているかのように思われたが、九鬼嘉隆は敵船を近くまで引き寄せ大安宅船6隻に備えた数多の大鉄砲・大砲をもって敵旗艦に斉射をしかけた。それ以後、毛利村上水軍九鬼水軍に接近できなくなり、敗走した[9]。『信長公記』の本項最後は「見物の者共九鬼右馬允手柄成と感せぬㇵなかりけり」と結んでいる[9]

結果編集

第二次木津川口の戦いの戦果について、その戦略的な意味は、『信長公記』第9巻7月15日(本願寺第一次木津川口の戦いで得た戦果)[注釈 6]や『』第11巻7月17日[注釈 7]の記述を見て十分に理解できる他、『パードレ・オルガンチノの都より發したる書翰』と『多聞院日記』・『志摩軍記』の中からそれぞれ下記の通り汲み取る事が出来る。

"信長が其建造を命じたるは、四年来戦争をなせる大坂の河口に之を置き、援兵又は糧食を搭載せる船の入港を阻止せんが為めにして、之に依りて大阪の市は滅亡すべし"[6]
"堺浦ヘ近日伊勢ヨリ大船調付了、(中略)大坂ヘ取ヨリ、通路トムヘキ用ト云々、"[4]
"御坊せめ落すべき事難かるへし、故を如何と申すに、西国より兵糧を通はし候と覚えたり、堺口へ船をふせがせ兵糧づめに致しなば落へき事は必定"[3]

事実、この戦役ののち、本願寺顕如は僅か17ヶ月(天正8年4月)ほどで和睦の意思を固め石山御坊を退去する事となる。その後も、新門跡となった本願寺教如は継戦を望む門徒を率いて抵抗を続けたが、荒木村重花隈城の落城[注釈 8]など八方ふさがりの戦況を受けて同年中に降伏。このように、それまで約8年の長きに亘って続いた石山合戦を終結に至らしめる大きな切っ掛けとなった[12]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 実際に鉄の装甲を備えていたのか?又その大きさなど諸説あり、議論の詳細は鉄甲船の項を参照。
  2. ^ この日に多聞院英俊の関係者が新造の大安宅船を目にしこれを7月20日付の日記に書き記した[4]
  3. ^ 宣教師オルガンチノがこの観艦式に立ち会いルイス・フロイスに報告書を送っている[6]
  4. ^ 九鬼嘉隆が首級二つをあげた戦果に対する織田信長感状(黒印状)[8]
  5. ^ 「村重は大坂湾北部の尼崎城や花熊城(神戸市)を属城としており、その転向によって、毛利水軍の大阪湾における行動や、大坂本願寺への海上支援は一層容易になった。こうした状況の中で、毛利氏の水軍は十一月六日に木津川口に出動して、九鬼嘉隆などの水軍と交戦した。」=『水軍と海賊の戦国史』引用[10]
  6. ^ 「七月十五日の事候中國安藝(中略)七八百艘大船を催し(中略)西國舟ㇵ得勝利大坂へ兵粮入」=『信長公記』引用[2]
  7. ^ 「寅七月十七日堺の津へ着岸候し也見物驚耳目候し也翌日大坂表へ乘出し塞々々に舟を懸置海上之通路を止堅固仕候也」=『信長公記』引用[5]
  8. ^ 九鬼嘉隆が花隈城落城に貢献した事に対して北畠信雄から感状が送られている[11]

出典編集

参考文献編集

  • 近藤瓶城編集 (1901), 信長公記』=史籍集覧.19(国立国会図書館デジタルコレクション)p124p146p148p150p195p197 
  • 岩田準一 (1972), 『志摩のはしりがね』付録『志摩軍記 
  • 辻善之助編集 (1936), 多聞院日記』.第3巻(巻24-巻31)(国立国会図書館デジタルコレクション)p21p22 
  • 村上直次郎編集 (1928), 『パードレ・オルガンチノの都より發したる書翰』=異国叢書.第3(国立国会図書館デジタルコレクション) p434 
  • 鳥羽市教育委員会編集 (2011), 『九鬼嘉隆 ―戦国最強の水軍大将―』(文化印刷) 
  • 宇田川武久 (1986), 『毛利氏の水軍編成』(河合正治編『毛利元就のすべて』(新人物往来社)収録) 
  • 藤本正行 (1993), 『信長の戦国軍事学―戦術家・織田信長の実像―』(JICC出版局) 
  • 池上裕子 (2012), 『織田信長』(吉川弘文館) 
  • 小川雄 (2020), 『水軍と海賊の戦国史』(平凡社) 

関連項目編集