メインメニューを開く

第21軍(だいにじゅういちぐん)は、大日本帝国陸軍の一つ。

第21軍
創設 1938年昭和13年)9月19日
廃止 1940年(昭和15年)2月9日
所属政体 Flag of Japan.svg大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位
所在地 広東省
最終上級単位 支那派遣軍
最終位置 広東
主な戦歴 支那事変
テンプレートを表示

沿革編集

1938年(昭和13年)9月19日大本営直轄軍として編成された。編成後ただちに広東攻略戦に出動、塩沢幸一海軍中将指揮の第五艦隊に支援され、10月12日第18師団第104師団を以ってバイアス湾に奇襲上陸、10月13日には司令部も上陸し、10月21日広州に入城した。また第5師団珠江を遡行して11月2日仏山付近に進出、11月初頭には要域の制圧を終えた。

その後、付近の掃討作戦を行い広東をほぼ制圧、1939年(昭和14年)9月23日支那派遣軍戦闘序列に編入、1940年(昭和15年)2月9日に廃止された。

軍概要編集

歴代司令官編集

  • 古荘幹郎中将((陸士14期):1938年(昭和13年)9月8日 - 1938年(昭和13年)11月9日
  • 安藤利吉中将(陸士16期):1938年(昭和13年)11月9日 - 1940年(昭和15年)2月9日(廃止)

歴代参謀長編集

  • 田中久一少将(陸士22期):1938年(昭和13年)9月8日 - 1939年(昭和14年)8月1日
  • 土橋勇逸少将(陸士24期):1939年(昭和14年)8月1日 - 1939年(昭和14年)12月1日
  • 根本博少将(陸士23期):1939年(昭和14年)12月1日 - 1940年(昭和15年)2月9日(廃止)

歴代参謀副長編集

  • 藤室良輔大佐(陸士27期):1938年(昭和13年)9月8日 - 1939年(昭和14年)3月9日
  • 佐藤賢了大佐(陸士29期):1939年(昭和14年)3月9日 - 1940年(昭和15年)2月9日(廃止)

最終所属部隊編集

関連項目編集