メインメニューを開く

第48師団(だいよんじゅうはちしだん)は、大日本帝国陸軍師団の一つ。

第48師団 (日本軍)
創設 昭和15年(1940年11月30日
廃止 昭和20年(1945年
所属政体 Flag of Japan.svg大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位 師団
兵種/任務/特性 歩兵
自動車化歩兵及び上陸戦(1940~))
人員 約25,000名
所在地 華南-台湾-フィリピン-ジャワ島-ティモール島
編成地 海南島
通称号/略称
補充担任 台湾軍管区
最終上級単位 第16軍
最終位置 小スンダ列島 ティモール島
主な戦歴 日中戦争-太平洋戦争-フィリピン-ジャワ作戦
テンプレートを表示

沿革編集

第48師団は、日中戦争勃発後華中から華南を転戦し、第22軍隷下広東省に在った台湾混成旅団[1]に、第6師団から転用された歩兵第47連隊を加え編成された台湾軍の師団である。編成に先立ち第22軍は廃止され、南支那方面軍直轄から第23軍隷下を経て、1941年(昭和16年)8月12日に台湾軍隷下となり台湾に戻った。

その後、太平洋戦争開戦1ヶ月前の1941年(昭和16年)11月6日に再び動員された。第48師団は第5師団とともに揚陸能力を備えた機械化師団[2]のうちの一つであり、極めて重要な存在だった。開戦後、まずは第14軍の主力としてフィリピンの攻略に従事した。

マニラ占領後はバターン半島の攻略には向かわず、1942年(昭和17年)1月に蘭印作戦のため第16軍戦闘序列に編入され、3月1日ジャワ島東部に上陸し、3月7日スラバヤを攻略した。

蘭印作戦終了後はジャワ島の警備にあたり、1943年(昭和18年)1月に第19軍隷下となるが、1945年(昭和20年)2月28日に第19軍が廃止されたため、再び第16軍隷下となりティモール島終戦を迎えた。

師団概要編集

歴代師団長編集

  • 中川広 中将:1940年(昭和15年)12月2日 - 1941年(昭和16年)9月15日
  • 土橋勇逸 中将:1941年(昭和16年)9月15日 - 1944年(昭和19年)11月22日
  • 山田国太郎 中将:1944年(昭和19年)11月22日 - 終戦

参謀長編集

  • 川越守二 大佐:1940年(昭和15年)12月2日 - 1943年5月4日[3]
  • 宇垣松四郎 大佐:1943年(昭和18年)5月4日 - 1945年2月12日[4]
  • 吉岡英太郎 大佐:1945年(昭和20年)2月12日 - 終戦[5]

最終所属部隊編集

  • 台湾歩兵第1連隊(台北):恒岡小文吾大佐
  • 台湾歩兵第2連隊(台南):田中透少将
  • 歩兵第47連隊(大分):徳弘保衛大佐
  • 戦車第4連隊:戒田達一大佐
  • 捜索第48連隊:住田英夫中佐
  • 山砲兵第48連隊:六反田壮吉大佐
  • 工兵第48連隊:西本慶一少佐
  • 輜重兵第48連隊:馬場和人大佐
  • 第48師団通信隊:小池正次少佐
  • 第48師団兵器勤務隊:興水忠治少佐
  • 第48師団衛生隊:山本良三大佐
  • 第48師団第1野戦病院:横尾正庸軍医少佐
  • 第48師団第2野戦病院:原田純隆軍医少佐

脚注編集

  1. ^ 第二次上海事変の増援として、1937年(昭和12年)9月7日に台湾守備隊基幹の重藤支隊が編成され上海派遣軍に編入、上海と南京の攻略に従事し、翌1938年(昭和13年)3月1日、守備隊指揮官が波田重一少将に替わると「波田支隊」と改称し、同年11月9日飯田祥二郎少将に替わり「台湾混成旅団」と改称した。
  2. ^ 太平洋戦争開戦時、揚陸能力を備えた機械化師団は第5師団と第48師団の二つのみであった。
  3. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』394頁。
  4. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』432頁。
  5. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』480頁。

参考文献編集

  • 外山操・森松俊夫編著『帝国陸軍編制総覧』芙蓉書房出版、1987年。
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。

関連項目編集