メインメニューを開く

第30回主要国首脳会議(だい30かいしゅようこくしゅのうかいぎ)は、2004年6月8日から10日までアメリカ合衆国ジョージア州シーアイランドSea Island, Georgia)で開催された主要国首脳会議。通称シーアイランド・サミット

出席首脳編集

議題編集

ロナルド・レーガンの国葬編集

G8サミットは元アメリカ合衆国大統領ロナルド・レーガンの死より3日後に開催された。ジョージ・W・ブッシュは遺体の一般公開英語版のためにレーガンの棺がアメリカ連邦議会議事堂に搬送された2004年6月9日にサミットに出席していた。議事堂の慰霊祭ではアメリカ合衆国副大統領ディック・チェイニーが彼の代理を務めた。

他国の主要メンバーのうち、イギリス首相トニー・ブレア、ドイツ首相ゲアハルト・シュレーダー、イタリア首相シルヴィオ・ベルルスコーニはレーガンの葬儀に出席するためにアメリカ滞在を延長することを決めた。日本首相小泉純一郎とカナダ首相ポール・マーティンは滞在を延長しなかったものの、サミットで追悼の意を示した。サミットが閉幕した次の日、6月11日にワシントン大聖堂で国葬式典が開催された。

脚注編集

外部リンク編集