メインメニューを開く

第7回立法院議員総選挙(だい7かいりっぽういんぎいんそうせんきょ)は、1965年11月14日に行われた琉球政府立法院議員選挙である。

選挙データ編集

公示日編集

投票日編集

  • 1965年11月14日

議席数編集

  • 32議席

選挙制度編集

有権者数編集

  • 392,862人
    (男性:177,114人、女性:215,748人)

立候補者数編集

  • 64人

主な争点編集

ベトナム戦争の進行に伴って、B-52が沖縄の米軍基地から出撃するなど、沖縄は戦争の最前線基地の観を呈するようになった。そのため野党は反米・反戦色を強め、対米協調路線をとる与党と激しく対立するようになった。

またアメリカ合衆国による沖縄統治が始まって20年が経過し、本土との格差が生じていることが明確になり、復帰の方法論をめぐる保革対立が激化していった。

選挙結果編集

投票率編集

  • 83.45%

当選者編集

  • 第1区 - 国場幸昌
  • 第2区 - 宮城善兵
  • 第3区 - 中村晄兆
  • 第4区 - 山川泰邦
  • 第5区 - 吉元栄真
  • 第6区 - 伊芸徳一
  • 第7区 - 高江洲義永
  • 第8区 - 久高将憲
  • 第9区 - 浜端春栄
  • 第10区 - 知花英夫
  • 第11区 - 桑江朝幸
  • 第12区 - 崎浜盛永
  • 第13区 - 平良幸市
  • 第14区 - 岸本利実
  • 第15区 - 与座康信
  • 第16区 - 知念朝功
  • 第17区 - 森田孟松
  • 第18区 - 嵩原久男
  • 第19区 - 古堅実吉
  • 第20区 - 伊良波長幸
  • 第21区 - 友寄喜弘
  • 第22区 - 安里積千代
  • 第23区 - 大田昌知
  • 第24区 - 長嶺秋夫
  • 第25区 - 上原重蔵
  • 第26区 - 大城眞順
  • 第27区 - 新垣孝善
  • 第28区 - 盛島明秀
  • 第29区 - 砂川旨誠
  • 第30区 - 垣花恵昌
  • 第31区 - 大浜国浩
  • 第32区 - 星克

党派別獲得議席編集

党派 得票数 得票率 議席
民主党 143,883 47.12% 19
沖縄社会大衆党 82,672 27.07% 7
日本社会党 15,255 5.00% 2
沖縄人民党 27,402 8.97% 1
無所属 36,137 11.83% 3

出:表「党派別当選者数および得票数」、沖縄タイムス編集『沖縄年鑑』1969(昭和44年)復刻版、466頁

関連項目編集