第93師団(だいきゅうじゅうさんしだん)は、大日本帝国陸軍師団の一つ。

第93師団
創設 1944年(昭和19年)7月6日
廃止 1945年昭和20年)
所属政体 Flag of Japan.svg大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位 師団
兵種/任務/特性 歩兵
所在地 金沢-御殿場-松戸
編成地 金沢
通称号/略称 決(けつ)
補充担任 金沢師管金沢師管区
最終上級単位 第36軍
最終位置 千葉県 松戸
主な戦歴 太平洋戦争
テンプレートを表示

沿革編集

1944年(昭和19年)7月、留守第52師団を基幹に陸軍歩兵学校陸軍野戦砲兵学校陸軍工兵学校の教導連隊の人員・馬匹を加えて編成され、第36軍に編入。第93師団は本土決戦において関東地方に配置することが予定され、師団主力を御殿場に、歩兵第203連隊を千葉県北部に、歩兵第204連隊を松本に配置した。

その後、連合国軍の九十九里浜上陸に備えるため千葉県北部に移動したが、戦闘を交えることなく終戦を迎えた。

師団概要編集

歴代師団長編集

参謀長編集

  • 高石正 大佐:1944年(昭和19年)7月8日 - 1944年12月30日[3]
  • 中村五郎 大佐:1944年(昭和19年)12月30日 - 終戦[4]

最終司令部構成編集

  • 参謀長:中村五郎大佐
    • 参謀:篠田正治少佐
    • 参謀:井内春二少佐
  • 高級副官:長谷川良成中佐
  • 兵器部長:二宮毅大佐
  • 経理部長:村田寿主計中佐
  • 軍医部長:坂崎善雄軍医中佐
  • 獣医部長:和田滋雄獣医中佐

最終所属部隊編集

  • 歩兵第202連隊(富山):河合慎助大佐
  • 歩兵第203連隊(金沢):藤原忠次大佐
  • 歩兵第204連隊(富山):俵健次郎大佐
  • 騎兵第93連隊:安高音吉大佐
  • 山砲兵第93連隊:山口嘉良大佐
  • 工兵第93連隊:原亀治中佐
  • 輜重兵第93連隊:白岩浩治少佐
  • 第93師団速射砲隊:神谷秀雄少佐
  • 第93師団通信隊:山下宗八少佐
  • 第93師団兵器勤務隊
  • 第93師団衛生隊
  • 第93師団第1野戦病院
  • 第93師団第4野戦病院
  • 第93師団制毒隊
  • 第93師団病馬廠

脚注編集

  1. ^ 『日本陸海軍総合事典』第2版、379頁。
  2. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』278頁。
  3. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』425頁。
  4. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』444頁。

参考文献編集

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操・森松俊夫編著『帝国陸軍編制総覧』芙蓉書房出版、1987年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 別冊歴史読本 戦記シリーズNo.32 太平洋戦争師団戦史』、新人物往来社、1996年。

関連項目編集