メインメニューを開く

第36軍(だいさんじゅうろくぐん)は、大日本帝国陸軍の一つ。

第36軍
創設 1944年昭和19年)7月21日
廃止 1945年(昭和20年)
所属政体 Flag of Japan.svg大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位
所在地 日本本土
通称号/略称 富士
最終上級単位 第12方面軍
最終位置 埼玉県 浦和
主な戦歴 第二次世界大戦
テンプレートを表示

沿革編集

第二次世界大戦末期、絶対国防圏の要石とされたサイパンを失い、1944年(昭和19年)7月21日に編成された第36軍は、本土決戦の「決勝兵団」と位置づけられ、関東軍から引き抜いた戦車師団を擁する精鋭であった。

本土決戦は当初サイパン戦の戦訓を活かし、艦砲射撃の射程外の内陸部(宇都宮を中心とした栃木県一帯)に陣地を構築し、侵攻する米軍を引き込んで撃滅するという作戦が採用されたため、当初は栃木県に駐屯していた。

しかし、1945年(昭和20年)6月に水際決戦に作戦方針が大転換したため、米軍の上陸が予想される九十九里浜及び相模湾のどちらにも迅速に進出できるよう埼玉県浦和に移動して連合国軍との本土決戦に備えたが、交戦すること無しに日本軍無条件降伏した。

軍概要編集

司令官編集

参謀長編集

最終司令部構成編集

  • 司令官:上村利道中将
  • 参謀長:徳永鹿之助少将
  • 高級参謀:大槻章大佐
  • 高級副官:西岡公平中佐

最終所属部隊編集

砲兵部隊
  • 独立山砲兵第8連隊:高橋栄吉中佐  
  • 独立山砲兵第17連隊:吉田吉中佐  
  • 独立機関銃第21大隊      
  • 独立速射砲第27大隊:神崎祐司大尉
迫撃砲大隊   
  • 迫撃砲第7大隊:服部隆雄少佐  
  • 迫撃砲第8大隊      
  • 迫撃砲第9大隊      
  • 迫撃砲第10大隊      
  • 迫撃砲第11大隊      
  • 迫撃砲第23大隊:桜田四郎少佐    
  • 迫撃砲第32大隊
工兵部隊      
  • 独立工兵第62大隊(最終位置:松戸)    
  • 独立工兵第88大隊      
  • 独立工兵第101大隊      
  • 独立工兵第102大隊
通信部隊     
  • 電信第6連隊:高井太朗中佐  

関連項目編集