メインメニューを開く
陸軍工兵学校正門(現在は松戸中央公園正門)

陸軍工兵学校(りくぐんこうへいがっこう)は、1919年 - 1945年大正8年 - 昭和20年)に、千葉県松戸市にあった旧陸軍学校である。

目次

概要編集

  • 当時の正門及び哨戒舎は、現在も松戸中央公園にそのまま残されている。
  • 跡地は現在、松戸中央公園(市民プール)、聖徳大学松戸市立第一中学校等になっている。
  • 陸軍解体後の1945年(昭和20年)から、跡地に千葉大学工学部があったこともある(1964年(昭和39年)に千葉市へ移転)。

沿革編集

  • 1919年12月1日 - 相模台の松戸競馬場(現在の中山競馬場へ移転)の跡地(千葉県東葛飾郡明村[1])に開校
    • 12月13日 - 事務を開始[1]
  • 1945年8月30日 - 陸軍の解体により閉校

歴代校長編集

所在地・交通編集

脚注編集

  1. ^ a b 『官報』第2214号、大正8年12月19日。

参考文献編集

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操・森松俊夫編著『帝国陸軍編制総覧』芙蓉書房出版、1987年。

関連項目編集

外部リンク編集