メインメニューを開く

人物編集

東京都出身。埼玉県川越市に転居し、埼玉県立川越高等学校卒業。東京電力入社後に東京電力労働組合に入り、組合活動などを行った。1989年には委員長になる。1993年からは全国電力関連産業労働組合総連合(電力総連)の会長に就任。

2001年日本労働組合総連合会会長(第4代)に就任、2005年まで務めた後に、連合顧問に就任。2010年には菅直人内閣総理大臣)に請われて内閣特別顧問を務めた。

2011年6月4日膵臓癌のため死去[1]。70歳没。生前の功績により日本政府から従三位に叙されるとともに旭日大綬章が追贈された[2]

経歴編集

役職編集

主張編集

  • 選択的夫婦別姓制度に賛成していた。「職場での旧姓使用には書類上不都合が多い」と指摘している[3]

関連項目編集

脚註編集

  1. ^ 元連合会長 笹森清氏が死去 産経新聞 2011年6月4日閲覧
  2. ^ 官報第5584号(平成23年6月27日付) 8頁参照
  3. ^ 「mネット通信」2003年1月16日、vol:48

外部リンク編集