筑前町立大刀洗平和記念館

筑前町立大刀洗平和記念館(ちくぜんちょうりつたちあらいへいわきねんかん)は、福岡県朝倉郡筑前町にある歴史資料館である。旧日本陸軍九七式戦闘機旧日本海軍零式艦上戦闘機をはじめ、大戦(太平洋戦争大東亜戦争)中の資料約1,800点が展示されている。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 筑前町立大刀洗平和記念館
Chikuzen Town Tachiarai Peace Memorial Museum 20180421-3.jpg
新館。右側は2017年4月に落成した新展示室
施設情報
正式名称 筑前町立大刀洗平和記念館
前身 大刀洗平和記念館
専門分野 歴史近代)・航空史
事業主体 筑前町
管理運営 筑前町
開館 2009年10月3日
所在地 838-0814
福岡県朝倉郡筑前町高田2561-1
位置 北緯33度24分44.4秒
東経130度37分10.3秒
座標: 北緯33度24分44.4秒 東経130度37分10.3秒
アクセス 甘木鉄道太刀洗駅徒歩1分
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示
正面

概要編集

 
世界で唯一の現存機体である日本陸軍九七式戦闘機を復元展示

旧日本陸軍の大刀洗陸軍飛行学校の分校があった知覧町(現・南九州市)には資料館(知覧特攻平和会館)があるにもかかわらず、本校の大刀洗陸軍飛行場があった大刀洗には何もないことから、当時無人駅化のため取り壊される予定になっていた甘木鉄道太刀洗駅の旧駅舎を利用して、地元で建設業を営んでいた渕上宗重により1987年(昭和62年)4月開館された。1996年(平成8年)には博多湾から引き上げられた九七式戦闘機が展示されるなど、個人運用ながら積極的な展示拡大が行なわれた。

その後、当時の三輪町夜須町合併による合併特例債を主な財源とし、旧館前の国道500号線を挟んだ向かい側の高田地区に、町立の博物館として設置されることになり、太刀洗駅の旧館は2008年(平成20年)に閉館し、2009年(平成21年)10月3日、新たに筑前町立大刀洗平和記念館として開館した。

新館の外観は格納庫を模したいわゆるカマボコ型である。新館開館にともない飛行機愛好者でつくる「福岡航空宇宙協会」が所有していた旧海軍の零式艦上戦闘機三二型が寄贈された。九七式戦闘機及び零戦三二型は現存する世界唯一の実機である。

1945年(昭和20年)3月の太刀洗大空襲の資料や犠牲者の遺影も展示されている。また遺影コーナーには、撃墜されたB-29爆撃機搭乗員の遺影も展示されている。

館内の写真撮影は零戦三二型のみ許可されており、それ以外の資料は九七式戦闘機を含め全て写真撮影禁止である。

沿革編集

 
旧館(現在の太刀洗レトロステーション)

主な展示内容と施設編集

 
零式艦上戦闘機三二型(現存する三二型はこの機体のみ)
  • 飛行場の概要と航空技術
  • 太刀洗飛行場と人々の生活
  • 太刀洗大空襲と特攻隊
  • 追憶の部屋
  • 企画展示コーナー
  • 図書閲覧コーナー

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 筑前町立大刀洗平和記念館新館 落成式 - 福岡県庁ホームページ”. www.pref.fukuoka.lg.jp. 2018年4月25日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集